デリヘルをきれいに辞めるには理由と時期が重要

仕事内容

デリヘルを辞めるとき、なかなか辞めさせてもらえなかったり、険悪な雰囲気になったり、時には家族にバラすなんて脅されたり・・こうしたことにならないよう、辞めるための準備が重要です。
「辞めたい」ではなく「辞めなければならない理由」を考えることと、いつ「辞めるか」そのタイミングを計る、この準備が必要となります。

デリヘルを辞める理由をしっかり用意するべき

彼・家族にばれた!という理由を使う

デリヘルを辞めるときには、お店の方がこの理由なら仕方ないと思ってもらう必要があります。
そこで一番有効となるのが、「家族にばれた」「彼氏にばれた」という理由です。

デリヘルで働く女性の中には家族が知っている、彼が承知しているという方もいますが、多くは内緒にして働いています。
そのため、家族や彼にばれてもうお店に行けないという理由なら、お店も仕方ないと思ってくれるはずです。
この時、「ばれそうなので辞める」という言い方ではまずいです。
ばれそうならばれないように同系列の支店に移ればいいとか、時間帯を変えて勤務すればいいなど辞めることがないように説得されます。

ばれそうではなく、ばれたとなれば説得する問題ではなく、ああもう仕方ないなとあきらめてくれるでしょう。

目標金額クリアで辞めるという理由

デリヘルに務めている女性の中には、借金で仕方なくという方もいますし、何か目的があり、お金を貯めたいと努めている方もいます。
お店の方がその目的や働く理由を知っていても、いなくても、目標金額が貯まった・目的の貯蓄額が貯まったとなれば辞めることに対して引き止める理由はありません

デリヘルなど風俗店では、お金のために働く女性が多く、お店のスタッフはそこをよく理解しています。
早くお金を貯めて卒業したいという女性も多いので、そのお金が貯まりデリヘルで働く理由がなくなった女性を辞めないで!と説得することは少ないでしょう。
ただデリヘルでの人気が高く常に指名客がついていたという女性の場合、こうした理由で辞める場合も引き止められることがあります。
その場合、家族にばれたとか、副業としてデリヘルで働いているなら、職場の人にばれたといった理由で辞める方がいいでしょう。

精神的に病んでしまったという理由

デリヘルを辞める時、デリヘルを卒業する方も、他のお店に移動したいと思っている方にも有効なのがこの「病んでしまった」という理由です。
デリヘルは風俗ですし、男性にサービスする仕事なので、時にはいやだなと思う男性にサービスしなければならないこともあります。
そういったことを繰り返しているうちに、精神的につらくなり病んでしまう事もあるので、お店の方としては引き止めることはできません。

ただ体調が悪いというと、数日休めば大丈夫でしょ?と思ってしまうので、精神的に辛くて続けられない・辞めるとはっきり伝える方がいいでしょう。
それでも辞めることを引き止められるようなら、メンタルクリニックに行って「食欲がない」
「眠れない」と相談すれば診断書を書いてくれると思います。

それを持っていけばお店の方も引き止めることはしないでしょう。

辞める時には電話?直接?メールでもいい?

直接会って話すほうがいい?

デリヘルのスタッフとの信頼関係ができている場合は、直接会って辞める理由を正直に話し、わかってもらうことが良好な辞め方といえます。
ただ引き止められるだろうと思う時には、直接会って辞めることを伝えるよりも、他の手段を使う方がいいでしょう。
デリヘルのスタッフといい関係を築けている場合、少しくらい無理を言っても応じてくれるだろうと引き止められる可能性があります。

デリヘルで辞める話をしても一方通行で一向に認めてくれないという場合、お給料日に清算してもらってから明日から来ませんときっぱり伝えるのも「あり」です。
言いにくい、話をする機会がないという場合には、電話、メールで辞めると伝えることも考えておきます。
ただし、精算後に伝えるようにすべきです。

何も伝えずお店に行かない・連絡にも出ない

何を言っても辞めることに応じてくれないという場合、最悪「飛ぶ」ことも考えておくべきです。
ただし、他のお店に務めたい場合や、同じエリアのデリヘルで仕事をするつもりなら、飛んだという悪評が広がるので仕事しにくくなります。
スタッフに家族にばれたという理由が通じない、店の子が少なくてもう少しと引き延ばされている、何かと給料から天引きされるといったブラックなお店では、飛ぶ女性も少なくありません。
こうしたお店に長くいても、自分がつらくなるだけなので最悪強硬手段も考えておくべきです。

デリヘルが本当に悪質で働く時間やお給料など完全にブラックだな・・と思う際には、店に行かない、連絡にも出ないという辞める手段も考えましょう。
デリヘルで使っていた写真がずっと残ってしまうとか、悪評が広がる可能性がありますが、絶対に辞めると強い意志がある場合や、デリヘルを完全卒業したいという場合には有効です。

電話やメールで辞めることを伝えるのもあり?

面と向かって話をするのが苦手という女性もいますし、スタッフとの関係がよくない状態で、辞める相談なんてできないという女性もいるでしょう。

その場合、一般常識的にいえばよくない手段ですが、メールや電話で辞めることを伝えるのもありです。
良好な関係を築けていて、他の女の子が辞める時にもしっかり送り出してくれるようなお店なら、もちろんお店で直接辞める意思を伝えるべきです。
しかしデリヘルによっては辞めるといったとたん、仕事を与えなかったり、無理なシフトを組むなど嫌がらせをしてくることもあります。
他の女の子がデリヘルを辞める時をしっかり観察し、もめるようならお給料をもらってからメールや電話でデリヘルのスタッフに辞めることを伝えてもいいと思います。

ただ、一般的にはしっかり面と向かって辞めることを伝えるのが筋です。

デリヘルで辞めることを伝える時期は?

通常は1ヶ月前に伝えるべき

一般企業でも飲食店や販売店でも、辞める時には代わりの人を探したり、引き継ぎの準備などもあるため、最低1ヶ月前に辞める意思を伝えます。

企業の場合、次に入る人に自分の仕事を引き継ぎする必要があるので、1ヶ月前に退職の意思を伝えても、辞めるまで3ヶ月くらいかかることもあるのです。
デリヘルの場合も、女の子を入れる準備もあるため、1ヶ月前に伝えるのが筋だと思います。
しかし、デリヘルによっては、次の子を探してくれない、引き止められるなど、素直に辞めさせてくれないこともあるので、一概に1ヶ月前に伝えなければだめということも言えないのです。
1ヶ月後に辞めると伝えた際、デリヘルによってはその間、嫌なお客を回すなど嫌がらせに出るところもあります。

女の子が辞める時、こうした雰囲気がある様なら、1ヶ月前などにこだわらず、お給料をもらったら即辞めると伝えて、明日から来ませんという辞め方もありだと思います。

辞める当日に伝えることも考えよう

デリヘル店の中で人気があり、自分を目当てに多くのお客様が来てくれるという場合、デリヘルのスタッフに引き止められる可能性がありますし、辞められないように何かしら理由をつけてくることもあるようです。
ずるずる引き延ばされることもあるので、この場合、お給料をもらったら辞めることを伝え、翌日から「来ません!」という辞め方でいいでしょう。

デリヘルの方としてはよくしてやったのにこの辞め方はないだろう?
と思うかもしれませんが、デリヘルなど風俗店では「よくあること」です。
次の日から来ないことで、辞めるまで何となく気まずい雰囲気の中仕事をすることもありませんし、嫌がらせを受ける心配もありません。
ただ明日から来ないという辞め方は、いい印象を与えないことは事実です。

グループ系列のお店を持っているデリヘルなら、そのグループ内で働くことが難しくなりますが、すっぱり辞めたいと考えるなら、この辞め方も有効です。

お店との関係が良好なら顧客に挨拶する期間を設けたい

デリヘル店と良好な関係で、今まで辞めていった女の子も良好に辞めていったということなら、辞める1ヶ月前に伝えて、これまで指名してくれた顧客に挨拶する時間を作りましょう。
特に、この先、他のデリヘル店で働くという方は、この期間が重要な営業の時間となります。

1ヶ月で辞めるとなるとお店の方も、〇〇ちゃんは〇月〇日で終わりですと顧客に伝えると思います。
すると、辞める前に少しでもあっておきたいと指名が来るため儲けられる期間ともなるでしょう。
また来てくれた指名客に、きちんと挨拶しておきたかったと伝えることができます。
次のお店を言うことができなくても、他のお店にいるかもしれないと探してきてくれる方もいるでしょう。

お店との関係が良好できちんと辞めさせてくれるお店だからこそ1ヶ月の中でできる営業になりますが、まだデリヘルで働きたいという意思があるなら、円滑な1か月間を送ることは非常に有効なことです。
こうした状況でない場合には、即日辞めるという方法を考えることも必要です。

まとめ

デリヘル店も色々で、スタッフがお店の子を大切にしてくれるところもあれば、完全に商品として扱うところもあります。

今のお店がブラックだなと思う時、またデリヘル卒業を考える時など、辞める理由は色々ですが、今の自分の状況に応じてデリヘルを辞める方法を考えればいいと思います。
できれば円滑に、無理なら強行に・・・一番いい方法を考え辞める方向に動いていくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました