デリヘルで働きたい人必見!これがデリヘルの最低補償だ!

お金

接客業や派遣社員の場合、最低補償というものが存在します。
最低補償とは、急なトラブルや予定より仕事が早く終わってしまった場合に雇用主が労働者に対して行う賃金補償を指します。
その場合、時給に換算して計算した場合にあまりにも手取りが少なくなってしまい労働者は時間を確保したのに早く終わったからといって働いた分しか給与は出さないとなると理不尽ですよね?

そうならないようにする為に、最低補償という物が存在するのです。
デリヘルの場合も一緒で、お客様から電話が鳴りやまない日とまったく電話が鳴らず指名が入らない日があり収入が安定しない可能性があるのです。
すると、出稼ぎで働きに来ている女の子は生活が立ちいかなくなってしまいます。
今回は、そうならないようにするためにお店がやっている最低補償という制度を分かりやすく解説するので初心者の人はチェックしてみてね!

最低補償って何?

冒頭でも少し触れましたが、最低補償とはお店が暇だった場合に出稼ぎに来ている女の子や新人が風俗の世界に馴染んでもらう為の良心的な制度のことです。
例えば、入店して初日からいきなり坊主(待機で勤務終了)を喰らったとします。
風俗業界の場合、給与は固定給ではなく歩合給を採用している会社が殆どで稼げる時は一日の手取りが多くなりますがそうでない場合もありえるので浮き沈みが激しいのが特徴です。

一日待機をしていて、指名が入らなかった場合歩合給だと無給となり時間の無駄になってしまいます。
しかし、最低補償があった場合はどうでしょう?
お店により、金額は異なりますが仮に1日3万円が補償されるとしましょう。
その場合、3日間働いたとして1日目0円、2日目4万円、2日目2万円となった場合最低補償がない場合は合計の手取りが6万円となります。

次に、最低補償が適応された場合だと3日間働いた場合坊主の日があったとしても最低賃金として3万円が補償されているので2日目以外は売上が3万円として換算されるので合計が10万円となり最低補償が付いた方が4万円も多く給与が貰えることになるので出稼ぎに来ている人は毎月固定費として様々なお金が引き落とされるので何かと出費が多いです。
月の手取りがある程度安定しないと、支払いが遅れたりしてしまい折角出稼ぎに来ているのに最低限の生活も送れなくなってしまいます。
そういう人の為に、デリヘルを含む風俗業界のお店は最低補償を設けていて女の子により長くこの業界で働いてもらおうという制度を作って営業をしているのです。
最低補償の場合、ある一定の条件を見たせば例え電話が鳴らず指名が入らなくて待機所で12時間なり待機していたとしてもそれだけでお金が入ってくるのでかなり良心的な制度だと思います。

デリヘルなどで働いている女の子は、借金や家庭の事情、学費の足しになどありとあらゆる理由があって汚れ仕事をしているのもまた事実です。
目標の為にきちんと期間を決めて働いている子も中には居ます。
そういう意味で、デリヘルで働く場合にはてっとりばやくお金が手に入るので労働環境としては最適かもしれないですね。
では、その気になる最低補償が適応される条件とは一体どんなものがあるのかについ詳しく解説していきます。

最低補償の条件と補償されると何がお得なのか?

最低補償が、一体どんなシステムなのかということを理解したところで次はどうすれば最低補償を受けることが出来るのか又どのような条件があるのかを解説していきます。
最低補償は、これから働き始める人のシステムであるということが分かっていただけだと思いますがもう一つの理由が存在します。
それは、優秀で人気な人材の流出を防ぐという意味合いもあるのです。

一例として、新人さんの最低補償について紹介しましたがベテランでどうしても他のお店への流出を防ぎたい場合にもインセンティブとして売上に上乗せされお給料が増えるということもあるのです。
その場合、最低補償を受けるための条件という物が存在します。
代表的な条件を抜粋してみたのでご覧ください。
指定勤務日数を必ず出勤する
遅刻・無断欠勤は厳禁
指名を一定数取る
HPに顔出しする(モザイク等なしで)
ブログを一定数更新する

順に解説していくと、お店は基本的に365日営業でデリヘルの場合完全休日というものは存在しません。
なので、月に決まった日数出勤してくれる女の子が1人いるだけでお店側としては大助かりです。
そして、その女の子が可愛くてプロポーションが良ければ願ったり叶ったりですよね。
売上に貢献してくれる訳ですがから、雇い主としてはそういう女の子に長く働いて欲しいと思うので特別待遇をしたくなります。

続いて、社会人としては当然とことですが遅刻・無断欠勤は厳禁です。
人間誰しも、体調が悪い日という物が存在します。
それが、休みの日ならまだいいですが出勤日に急にインフルにかかってしまっただとか出勤停止になるような出来事だとか、身内の不幸などで出勤できないとかならまだしも使用で休みが取りたくなったとか、ズル休みをしたくなったりすると出勤予定となっていてお客様から頂いた予約などが全部キャンセルしないといけなくなりお店側は損を被ることになります。
当欠は、お客様からの信頼を失いかねない物事なのでプライベートと仕事の切り替えはしっかりするようにしましょう。

人気嬢の条件で、お店側としてもどうしてもお店に残したいと思う条件の一つに指名の本数という物が存在します。
中でも、本指名が取れるということはそれだけリピーターがその子についていてお客さんからお店に売上が入ってくるようになっているということです。
人気嬢が一人抜けただけで、お店の経営が傾くということは十分にありえます。
その為に、後身の育成も大切なことの一つではありますが現状を維持するという意味でも人気嬢は囲い込んでおきたいので指名の本数が多い子は最低補償に該当します。

お客様が、デリヘルで指名する女の子を決める時に判断材料とすることはなんだと思いますか?
それは、ルックスと評判です。
ネット掲示板でエゴサーチをまずして、どんな女の子なのかということを把握していざお店のHPでどんな顔をしているんだろうまたはその逆のパターンもあります。
人間の印象を決めるのは、噂とその人の好みの顔なのかということです。

人間顔じゃないよというのは、建前であり本心ではありません。
デリヘルの場合は、顕著にその傾向が出ます。
いくら美人で、テクニックが優れていても顔出しをしていなければ良さをアピールすることができません。
その為、売上が上がることはないでしょう。

勿論、顔出しをすることで身バレ、親バレをするというリスクはつきものですがそのリスクを負ってでも店の売上に貢献してくれる女の子にお店が最低補償という待遇をするのは感謝の意味も込められています。
そこまでしてくれているのだから、こちらも誠意で答えようというお店の意思表示でもあるのです。
最後ですが、ブログの更新は顧客確保と自分がどういう人間なのかということを世間にアピールするツールの一つです。
風俗の場合、一昔前のネットが普及していない時代には「私はどんな人間で、どういうことが好きな人ですよ。」などと世間にアピールすることはできず接客をした時にお客様と話をして話が合うようなら次も指名しようというのが殆どでした。
ですが、今はSNSの普及により風俗関係で働く人たちもTwitterやInstagramなどを駆使して自分の生活をつつみ隠さず世界に発信している時代です。
ネットを通して、その人のことをしることで実際に会ってみたいなと思わせることが営業の第一歩です。
その為に、今は風俗業界でも最低補償の条件としてブログなどのネット媒体の更新を月〇回と義務付けている場合もあるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、デリヘルの最低補償について紹介しました。
新人は勿論、そのお店が長く働いて欲しいと思う人材に対しても最低補償という制度を適応するということが分かってもらえたでしょうか?

デリヘルは、頑張れば頑張った分だけ自分に返ってきます。
最低補償という、手厚い制度も用意されているのでこれを機に働くのを迷っているんだよなという人は働くかどうかということを決める材料として使ってもらえたらと思います。
何かと辛いこともあるかと思いますが、おれずに目的のために頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました