デリヘルで身バレしない方法とは?

悩み

多くの素人女性がアルバイトをしやすい風俗として有名なのが「デリヘル」です。
しかし、中には「デリヘルで働いている事を誰にも知られたくない」という方も多いでしょう。
もちろん、「昼間に他の仕事をしている方」
「ご結婚されている方」などは、絶対にバレたくないはずです。
その、知り合いにバレてしまう事を「身バレ」というのですが、一体身バレは、「どんなところから」起こってしまうのでしょうか?
また、デリヘルで働いて、身バレを防ぐ方法は何かあるのでしょうか?
今回、デリヘルで働いて身バレをしない方法をまとめていこうと思います。

結論から書いておくと、「意外なところからデリヘルの身バレは起こるので、常に注意が必要です」ということになります。
それでは、具体的に見ていきましょう。

デリヘルで身バレをするとどんなことが起こるのか?

まずは、「デリヘルで働いていることが身バレすると、どんな不都合が起こるのか?」ということからです。
デリヘルとはご存知のように、「見知らぬ男性のホテルやご自宅に行って、エッチなことを行うお仕事」です。
具体的には、「本番行為以外の方法で男性をフィニッシュさせる仕事。」

もちろん、二人ともが全裸になって、抱き合ったり、ディープキスをしたり、イチモツを舐めたり、あなたのアソコを舐められたりします。
つまりは、「本番以外のエッチな行為」全てするお仕事ですね。
そんな、仕事をしていることが、「昼間の仕事の人」や「ご主人、お子さん」にバレると、、考えただけでも恥ずかしいですよね?
例えば、昼間の仕事の同僚や上司の間では、「〇〇さんはエッチな仕事をしないと生活できないくらい、厳しいんだね、、」とか嫌味を言われるでしょう。

ご主人や、お子さんにバレると、「離婚の危機」を迎えてしまうかもしれません。
あるいは、お父さんお母さんにもバレてしまい、生き辛くなることも考えられます。
というように、デリヘルで働いていることが身バレすると、色々と不都合が多いのです。
なるべくなら、身バレを起こさずにデリヘルで働きたいと殆どの方は考えるでしょう。

デリヘルはどんな場合に身バレをしやすいのか?

それでは、具体的にデリヘルで働いていて、どんな場合に身バレをしやすいのか見ていきましょう。
結構「意外な事」から身バレをするケースも多いです。

友人にデリヘルで働いていることを話してしまう

いきなり、「意外なパターン」かもしれませんが、まず初めのケースは「友人に話してしまう事」です。
「え?そんなことないっしょ?」
と、あなたは思うかもしれませんが、人間というのは「今までにないストレス」を抱えると、信用できると思った誰かに「ついつい」話してしまいたくなるものなのです。
もちろん、あなたはそのご友人の事をかなり信頼している状態なので、、「絶対に誰にも言わないでよ、、、」と言いながらも、「実は、デリヘルでバイトしているの。」
なんて、言ってしまうわけです。

人間というのは、「人のうわさ話」が大好きで、その友人は間違いなく別の友人に話してしまいます。
あるいは、お酒の席になって口が軽くなったご友人が、口を滑らせることもあるかもしれません。
というように、「人と言うのは、口に出してストレスを緩和させる生き物」です。
絶対に、誰かに言って、身バレをしないという事はあり得ません。

身バレをなるべくしたくないと考えるのであれば、「硬く口を閉じて、絶対に誰にも言わない努力」が必要になるでしょう。

デリヘル用のSNSアカウントを見られてしまう

次に身バレを起こしやすいのが「SNS」です。
最近の風俗店では、多くの場合「SNS」アカウントを作らされます。

また、自分でお客様を獲得するために、SNSを使って宣伝する場合もあるでしょう。
そうした時に、殆どの場合は「お店用のアカウント」
「プライベートのアカウント」を分けて使うと思います。
その、お店用のアカウントを誰かに見られてしまうと、簡単に身バレしてしまいます。

あるいは、あなたのご友人がSNSの中であなたのお店用のアカウントを見つけてしまい、「あっという間に周囲に拡散されてしまった」なんてことも起こるかもしれません。
SNSは拡散力もあり、宣伝力もあるのですが、下手をすると、「知られたくない情報」まで、広く行き渡ってしまうので注意が必要です。

お店の日記にプライベートな物を写してしまう

続いて、デリヘルのお仕事で身バレするケースは「お店の日記に自分のプライベートな物を間違えて写してしまう事」です。

顔出しはNGとしていても、「あなたしか持っていない財布や雑貨」などが、お店の日記の写真に写り込むと、勘のいい友人から勘ぐられることは避けられないでしょう。
とはいえ、多くのデリヘルでは毎日日記を更新することが不可欠です。
また、「日記の更新頻度が高い」と、お客様からご指名を頂けるケースも多いと言えます。
日記の定期的な更新は必要ですが、自分の私物が必要以上に写り込まない工夫をして下さいね。

お客様に知り合いが来てしまう

続いて、デリヘルで身バレしてしまうケースの4つ目は、「デリヘルのお客様にあなたの知り合いが来てしまう事」です。
例えばよくある話が「昼間働いている会社の上司が来てしまった」ということ。
上司からすれば、「ただ、デリヘルで息抜きをしたかった」だけなのですが、まさか、あなたがやってくるとは思いもしません。

お互いにビックリすることでしょうが、それ以来上司には「エッチな目」で見られ、昼間の会社は辞めざるを得ない状況になるでしょう。
または、「上司からセクハラ行為」を受けやすくなるのは必須かもしれません。
プライベートでのエッチな行為に誘われれば、断固拒否をするべきです。
あるいは、あなたの「男性の友人」がデリヘルを利用して、たまたま、あなたと鉢合わせすることもあるでしょう。

もちろん、それ以後あなたがデリヘルで働いているという噂が広まらないはずがありません。

異常な金銭感覚になってしまう

続いて身バレする可能性がある事の5つ目は「金銭感覚が異常になる」ということです。
デリヘルでバイトをすると、通常の昼間のバイトの4~5倍の時給で働けることになります。

もちろん、昼間のお仕事は継続しているわけですから、あなたの金遣いは荒くなって当然です。
いきなり、ホストクラブに通いだした、とかブランドのバッグを沢山買い出した、などと、噂されて身バレをする可能性は大いにあります。

営業用のグッズが見られてしまう

デリヘルで働いていることが身バレしてしまうケースの最後の一つは、「デリヘルの営業用グッズが見られてしまう事」です。

デリヘルで働くと「仕事用の物」をついつい持ち歩いてしまう事になります。
イソジン、コンドーム、ローション、大人のおもちゃ」などです。
コンドームなどは、どんな女性でも持っているかもしれませんが、さすがに、イソジンや大人のおもちゃ、ローションなどはデリヘル嬢以外に、持っていることはあまりありません。
カバンの奥にしっかりとしまっているつもりでも、いつ、どのタイミングで周りの人に見られるのかは分かりません。

「あれ?〇〇さんってなんで、いつもイソジン持ってるの?しかも、ローションとかヤバくない?」

と言われてしまうとアウトです。
もう、後はわざとらしい言い訳のオンパレードで、ごまかす以外の道はありません。
そして、数日後には多くの人に噂が広まっているのではないでしょうか?
というように、デリヘルで働いていることが身バレするには多くの意外なタイミングがあるのです。

デリヘルで身バレをしないための対策とは?

しかし、出来ればデリヘルで働く際にも身バレはしたくないものです。
では、デリヘルで働いていることを身バレしない対策とはどんなものでしょうか?

勤務NGエリアを指定する

デリヘルで身バレを防ぐ方法の一つ目は、「勤務する場所のNGエリアを指定しておく」ことです。
デリヘルと言うのは「お客様のホテルやご自宅に派遣されていくもの」。
ということは、知り合いのお客様が居そうな場所には「派遣NG」を出しておけば、かなりの確率で知り合いのお客様と出会う可能性は減るでしょう。
また、あなたの住まいの近くのお店を選ばなければ知人に見られることも減って来るのではないでしょうか?

ふうぞくのしごとをしているかぎり、いつ、どんな人があなたの事を見ているのかは分かりません。
そのため、勤務先のNGエリアを予めお店側に伝えておくのは身バレしない為の有効な手段の一つだと言えます。

出稼ぎ風俗店でしか働かない

デリヘルで身バレをしない為の方法の2つ目は、「出稼ぎの風俗店でしか働かない」といういことです。

風俗店は、全国各地にあり、「出稼ぎ大歓迎」のお店も少なくありません。
というのも、風俗店は「常に人手不足状態」で営業しています。
女の子は圧倒的に足りない状態ですので、出稼ぎで働きに来てくれる女の子は大歓迎されるでしょう。
あなたの住まいの近くのデリヘルで働けば、「知り合いの人」に会う可能性はゼロになる事はありませんが、出稼ぎで他県に働きに行けるのであれば、間違いなく出稼ぎに行く方が身バレする可能性はグンと低くなるでしょう。

また、出稼ぎで働けば、一定期間で頑張って稼ぐことも出来るので、中途半端に近くのデリヘルで働くよりも、効率的に仕事をすることが出来そうです。

SNS用のアカウントはお店でしか使わない

そして、デリヘルで身バレを防ぐ方法でかなり大切なのは「SNSの使い方」です。
今や世界中でSNSの利用者は急激に増えています。

もちろん、デリヘルの仕事でもSNSを使った宣伝活動を行う事は、店側から強要されるかもしれません。
間違いなく、SNSを使ってお客様を集めてくることは必要になって来ると思います。
ただし、SNSの悪い点と言えばその「拡散力」です。
もちろん、あなたの事を宣伝するうえでは「SNSの拡散力」は、大きな武器になるのですが、知り合いに身バレするかしないか?

という面では、逆に「大きな脅威」になるのです。
しかも、あなたは恐らく、プライベートでもSNSを利用しているのではないでしょうか?
そうした場合によくあるのが、「仕事用のアカウントを見られること」です。
プライベートタイムにSNSのアカウントを開かない事はありません。

上手く、仕事用のアカウントを見せないようにすればいいのですが、うっかりと仕事用のアカウントを開いてしまうと、あなたの知人に「デリヘルで働いていることが身バレする」可能性が高いでしょう。
そうならない為にも、「仕事用のスマホをもう1台持つ」などの工夫で、お店以外の場所で仕事用のSNSアカウントを開かない工夫は絶対に必要になるでしょう。

営業用のグッズは持って帰らない

そして、デリヘルで働いていて身バレしない方法の最後の一つは、「デリヘル営業用のグッズはお店に置いておくこと」です。

デリヘル嬢たるもの、いつでも営業に行けるように「エッチなグッズ」を、バッグの中についつい忍ばせておくこともあるでしょう。
そういった時に、デリヘルで働いていることが身バレします。
ということは、そうならない為にも、「デリヘル営業用のグッズ」はお店のロッカーなどに置いて帰ることをお勧めします。
どんなに、バッグの奥深くにしまっておいたとしても、そのグッズを見られない保証はありません。

コンドームを見られるぐらいなら言い訳も出来ますが、「大人のおもちゃやイソジン」を見られてしまうと、言い訳をすることも出来ません。
イソジンを常に持ち歩いて使う女性など「風俗関係者」以外にあまりいないからです。
さらには、「プレイ用のローション」など見つかってしまうと、完全に身バレアウトという事になります。
そうした、持ち物から身バレをすることは、意外と多いので気を付けることが必要でしょう。

デリヘルの身バレは意外なところから起こるので常に注意が必要

というわけで、今回はデリヘルで働いていることを身バレしない方法を、まとめてお送りしてきました。
完全に身バレしない方法はこの世には在りませんが、ちょっとしたあなたの気づかいで、身バレする可能性はグンと減って来ると思います。
また、身バレしたくないことをお店側に伝え、その対策をお店と協力して行う事も大切になって来るでしょう。

デリヘルで働くことは、生活を豊かにしてくれる方法の一つです。
あなたの工夫で、身バレしないようにデリヘルで働いて、幸せな人生を送ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました