箱ヘルでの面接はどんな内容なのか?

仕事内容

風俗店で働くには、「面接試験」を突破しなければいけません。
もちろん、「どんな女性でも風俗店には簡単には入れる」ことはありません。
では、風俗店で働ける女の子の基準はどんなものなのでしょうか?

または、風俗店での面接試験で、試験官はあなたのどんなところを見て、採否の判断をするのでしょうか?
今回は「箱ヘルでの面接」を例にとって、具体的に見ていきましょう。
結論的にはこちらです。
箱ヘルで面接を上手くするにはやる気が大切」だということです。

風俗店はとにかく、「やる気があって即戦力になる人材」を常に求めています。
あなたが一体どれくらいやる気に満ち溢れているのか?
を総合的に検証されるのが、風俗店の面接だと言えるでしょう。

箱ヘルとは一体どんなサービスをするのか?

まずは、「箱ヘルとはどんなサービスをする風俗」なのでしょうか?
箱ヘルとは「店舗型ヘルス」のことで、いわゆる、「ヌキ」のサービスを提供しているお店になります。
お客様がお店に来られたら、あなたが一緒に二人きりで裸になって、シャワーを浴び、フェラやパイズリやディープキスや手コキなどで、気持ち良くしてフィニッシュさせてあげるというサービス内容になります。
注意したいのが、「本番行為は一切ない」ということです。

つまるところ、「本番無しのエッチ」をお客様に提供しているのが、箱ヘルのサービス内容だと言えるでしょう。
こういった、箱ヘルなどの風俗店は常に「人材不足」で悩んでいます。
なるべく、レベルの高い女の子を探そうと躍起になっているのです。
ということは、あなたがお店の求める人材と合致した場合は、「多くのお給料を頂ける」こと間違いありません。

では、そんな箱ヘルで働くための「面接試験」では、どんなことをされるのか?
を具体的に見ていきましょう。

箱ヘルの面接にはどんな服装で行けばいいのか?

まず、面接といって一番最初にイメージすることは、「容姿」です。

面接官はあなたの「見た目の情報」で、かなりの部分を判断します。
そこで、箱ヘルの面接に行く際に気を付けるべき服装を見ていきましょう。

髪型は?

箱ヘルの面接に行く際には、髪型は十分にオシャレをしていきましょう。

とはいっても、「風俗店で働ける程度」の物がいいでしょう。
ロングヘアであれば、軽めにパーマをかけたり、色を茶系にするなどです。
キャバクラ嬢のように「華美な物」はいりません。
ただし、某ホラー映画の女性の様な「黒髪ロングヘア」で、恐怖を感じそうなヘアースタイルはNG。

また、風俗店では、男性のお客様を興奮させて満足させるのがお仕事です。
となってくると、ベリーショートの様な「ボーイッシュなヘアスタイル」よりも、若干エレガントさや、清楚さを感じさせる女性らしいヘアスタイルで面接に臨むのがお勧めになります。

洋服は?

洋服に関しても、最もNGなのは「ダサい服」です。

流行も何もない「おばさんっぽい服」はやめておきましょう。
出来れば、ワンピースやフリルを使ったスカートやブラウスなどの「女性らしさを感じられる洋服」がいいでしょう。
巷では、「メンズ服を着るファッション」が流行っていますが、これは箱ヘルの面接ではNG。
女性らしさを感じさせるキュートでフェミニンなスタイルがおすすめです。

それと、箱ヘルの面接では、一般企業と違って、スーツ姿で面接に行く必要はありません。
いきなりスーツ姿で面接に来られると「すっごい真面目な女の子で、仕事が嫌になって病気になっちゃうかも、、」とお店側も心配してしまいます。
あくまで、女性らしさを感じさせる、普段よりもちょっとおしゃれな洋服を着て、面接に臨みましょう。

お化粧やネイルは?

そして、「お化粧やネイル」です。
メイクは普段通りの「ナチュラルメイク」がおすすめです。
ギャルファッションをしている女の子でも、いつもよりは「ちょっと控えめかな?」くらいのナチュラルな物にしましょう。

また逆に「すっぴん」で面接に行くことは絶対にNGとなります。
何度も言いますが、箱ヘルは「お客様を興奮させて、楽しませるお店」です。
お客様は「きれいな女性とエッチなことがしたい」のです。
少しでも、きれいに見られる努力をしないあなたは、面接通過が絶望的になります。

キャバクラ嬢ほど、キメキメにする必要はありませんが、ナチュラルで、あなたの中のナンバーワンスタイルのメイクで臨みましょう。
というわけで、箱ヘルで面接に行く際の服装についてみてきました。
なるべく、女性らしさと、ほのかなエロさを打ち出した服装が一番好感度が高そうですね。
間違っても、ボーイッシュすぎる服装で行くのはやめましょう。

某キャラクターの健康サンダルにジャージ姿は論外です。

箱ヘルの面接で聞かれることはどんな内容か?

箱ヘルでの面接では、多くの事を聞かれます。
一般の企業とは「ちょっと違う質問」も聞かれることがあるので要注意です。

それぞれ見ていきましょう。

志望動機

まずは、どこでも聞かれる「志望動機」です。
あなたはなぜ「箱ヘルで働こうと思ったのか?」
「他の店よりうちのお店を選んだ動機は?」などを聞かれるでしょう。
また、ここではとても重要なことを聞かれます。

「どれくらい稼いで、どんな夢を持っているか?」
という、未来のビジョンを聞かれる可能性があります。
というのも、風俗のお仕事というのは、一般の企業よりも給料がいい分、「女性にとっては過酷なお仕事」です。

つまり、それなりの目標がなければ、早期の離職をしてしまう可能性が高いので、どんな理由で大金が欲しくて、月にどれくらいの金額が欲しいのかは、聞かれる可能性が高いでしょう。
「今は、こうして風俗店でアルバイトをするけれど、将来的には〇〇になって、お金持ちになりたい」とか、「風俗初心者なので、箱ヘルから始めて、ゆくゆくはソープで働いて大金持ちになりたい」とか、そういった思いを充分にぶつけましょう。
あるいは、「昼間のお仕事の副業」で箱ヘルを選んだのであれば、昼間のお仕事がどんな仕事なのか?どれくらい稼ぐつもりなのか?も明確に答えられればいいと思います。

出勤可能日数

これは、前項の「どれくらいのお金が欲しいか」とリンクしてくるのですが、あなたが週に何日くらい出勤できるのか?
どれくらいの時間待機できるのか?を必ず聞かれるでしょう。
お店側としても、「長い時間働いてくれる女の子」の方が良いですし、他の女の子とのシフトの都合もあります。
ここでは、正直な想いや出来そうな出勤日数を必ず伝えましょう。
無理なく出勤できる日数にするのがおすすめです。

他のお仕事との掛け持ちをする場合は、そのこともお伝えし、シフト的に無理の無い出勤数で回してもらえるようにするのがいいでしょうね。

エッチな質問

そして、箱ヘルの面接では、こんなことも聞かれるでしょう。
「今までの経験人数」
「初体験の年齢」
「スリーサイズ」
「ブラのカップ数」
「彼氏、配偶者の有無」
「オナニーをするかしないか」などの、セクシャリティに関わる質問です。
あるいは、過去の「性病の体験」なども聞かれてしまうかもしれません。
箱ヘルなどの風俗店では「あなた自身が商品」ということになります。
お店側からしても、「どんなエロイ女の子なのか?」
「お客様を満足させられる女の子なのか?」を、こういったエッチな質問で聞き出そうとしてきます。
または、「お店のホームページにあなたを掲載するための情報」にも使っているでしょう。

エッチな質問は風俗店ならではですが、あなたが極力応えることで、面接官は非常に好感を持ってくれます。
というわけで、箱ヘルの面接では、具体的な動機を聞かれることが多いです。
それと、もう一つ注意した方が良いのは、「言葉遣い」です。
タメ語はもちろんNGですし、聞こえないくらいに小さい声で話すのもNGです。

丁寧に敬語が使えるように練習していきましょう。
これは、一般企業の採用試験と同じだと考えてください。

箱ヘルの面接に持っていく物は何があるか?

箱ヘルの面接には、何を持って行けばいいのでしょうか?

それは、身分証明書の携行は、絶対になります。
「運転免許証」
「健康保険証」
「マイナンバーカード」などがあります。

運転免許証であれば、顔写真入りなのでスムーズですね。
もし、すぐにでも本採用になれば、その場で身分証明書や印鑑が必要になるでしょう。
面接の前に簡単に化粧直しをすることもおすすめですね。

履歴書は不要な場合が多い

これは、面接を受ける風俗店によって様々かもしれませんが、基本的に箱ヘルの面接では「履歴書はいらない」とされている場合が多いです。
もちろん、お店によっては「履歴書の携行はして下さい」と言われる場合もありますので、事前に面接のお願いをした際に履歴書がいるのかどうかを聞いておく必要があるでしょう。
このように、箱ヘルでの面接を受けるには、「必要最低限の書類のみ」でOKな風俗店が多いでしょう。

箱ヘルの面接で重要なのはやる気

というわけで、今回は「箱ヘルでの面接を受ける時の内容」や「あなたの心構え」についてまとめてきました。
冒頭でも書きましたが、風俗店で働く時に一番大切なことは「やる気を持って仕事をすること」です。
箱ヘルなどの風俗店で働くと、見知らぬ男性の体に触ったり、イチモツをフィニッシュさせたり、あなたの大事な部分を触られたり、しなければいけません。
それだけハードな仕事をする為には、それ相応の「想い」は必要不可欠なのです。

あなたが「これからどれだけの日数を務められて、毎月どれくらいの給料を稼いで、将来的にはどうなりたいのか?
までを、応えられるようにしておけば、面接官の好感度はどんどん上がっていくこと間違いありません。
きちんとした身なりで、ある程度の敬語を上手く使いながら、箱ヘルでの面接に臨みたいものですね。
想いが強ければ、高確率で受かるはずです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました