風俗嬢の世界とは?徹底解説

仕事内容

風俗業界という特殊な世界でどんなことが起き、何が大変なのかまとめてみました。

風俗業界てどんなとこ

自分の体を使って男性に性的なサービスをする業界を指し、風俗業は体が資本の肉体労働だと言われています。
どのような仕事なのかソープランドを例にしてみました。
・風俗で唯一挿入(本番行為)が許されている。
建前はお風呂屋としての扱いなので個室で何が起こっているかは二人しだいになっている。
・ソープランドは風俗の王様。
一番濃厚なサービスを求められる。
・フェラ、手コキだけでなく挿入という選択肢が加わるので風俗嬢のテクニックも必要になる

年代別客層

・20代は「おっさんよりも若いイケメンを相手できるから嬉しいでしょ!」と言った勘違いな感覚で来る偉そうな若者が多い。
若いからと過剰なサービスを求めてくる者もいる
・30代は独身の同僚につれてこられた妻帯者などが多い
・40代はガチ恋やストーカーになりがち。
またこの年代で独身な理由がわかるひとが多い
・50代は紳士とクソジジイの二つに分かれる。

また男性のなかには精神的なストレスをかけてくるいやなお客もいるみたいです。

・風俗嬢をモノ扱いする
・気配りがない
・プライベートを聞いてくる
・とにかく不潔すぎる人がいる(性器を何日も洗っていない状態で来る、体を洗わずに求めてくる、など)
・本番を強要してくる
・暴力的な行為をする(髪をつかむ、殴ったりする、など)
そんなお客とのトラブルがあっても店側としては大げさにしたくないので女の子側が泣き寝入りすることがほとんどみたいです。
怖い話ではプレイ中に殺された事件もあります・・

働くお店の環境は大切

風俗業とはいえ立派な職業です。
お店=会社です。
ホワイトもあればブラックもあります。

お客さん相手の仕事なのでお店側がキチンとしていないと嫌な客ばかりがきます。
またお店の中にもスタッフにいけ好かない人もいることがあります中でも一番大変なのが他の女の子とそりが合わないことです。
同僚とはいえライバルでもあります。
女性特有のドロドロした怨念もあるでしょう。

けっこうツライものがあります。

風俗嬢が特に気をつけていること・・それは性病

エイズや淋病、クラミジアなど病気の種類は沢山あります。
かかってしまったら治療費がかかるだけではなく、治療中は出勤できない(=稼げない)のでとても気をつけているみたいです。

性病ではないですが病院に通院しなくてはいけなくなることの中に妊娠があります。
やはり人間が子孫を残すための行為です。
避妊具を確実に着用して望まなければなりません。
しかしそんな中でも避妊具なしでの本番をしようとする不届き者がいるのです。

風俗での稼ぎは?

・大きく稼いでいる人は風俗嬢でも営業をすることで大きく稼いでいるひともいます。
風俗で営業?
と思いますがそれは普通の会社で自分のものを売るためにする営業となんら変わりません。

接客ですからお客さんに対するパフォーマンスは最高でないと次に繋がりません。
肉体労働です。
週末に沢山
来るお客によいサービスを行うためにも体を休めておく必要もあります。

常日ごろからお客さんによい対応を心がけるようにして自分を指名してもらえる状況を作りいつでも仕事がある状態にすることで無理な勤務をしなくて済みます。
・思ったほど稼ぐことができないことも体全体を使ってサービスするのでかなりハードな肉体労働です。
その割には給料が合わないこともあります指名が多々あり待機の時間が少ない人なら大きく稼げるでしょうが現実は厳しい・・
・ピンサロに勤めている子は8時間勤務で15人!!も相手をするそうです。
思ったほど稼げない→生活に困る→精神的に病む・・の悪循環に入っていくみたいです。

仕事としての感覚

風俗業はなかなか抜けられない

この仕事を卒業できる子はわずかだと言われてます。

短時間で高収入を即日で得られるような仕事は一般の仕事でもなかなかありません。
そのためせっかく風俗業を辞めて普通の昼職についても労働対価が低すぎることに愕然として元に戻る、ということになってしまいます。

風俗の世界に入る理由

みなさんさまざまな理由で風俗の業界へ入ってきます。

奨学金の返済のため

風俗嬢でありながら昼職で専門の仕事についていたり、有名企業に勤めている傍ら夜には風俗で出勤、という人もいます。
知っているとは思いますが奨学金の返済はとても大変です。
払うことができずに自己破産する人もいるほどです。

ホストクラブ通いのため

かっこいいホストにのめりこむ女性は結構います。
行けば高いボトルを次々開けて高額な支払いをする。
それが快感で通いつめてしまい大きな借金をしてしまう。

返済のため風俗で稼ぐ・・の繰り返しです。

美容整形の費用捻出のため

美への追求は女性にとって大切なテーマです。
美容整形は手段の一つですが大きなお金がかかります。

1箇所整形したらバランスをとるために次はここ、そしたら他が気になりそこもまた整形・・こうなると整形依存症ですね・・

親の借金返済のため

こんな現代の若者の中でも親の借金を返済するために風俗で頑張ってお金を稼ぐひともいます。
産み育ててくれた親が借金で苦しむ姿を見たくない・・親を想って風俗という厳しい世界へ入ってきます

子育てのため

今は3組に1組は離婚する時代です。
シングルマザーになり生活するも元旦那から養育費を支払ってもらえず困窮する人も多いのです。
実家も頼ることもできず風俗業界へ飛び込んできます。

かけがえのない自分の子供のために身を削るのです。

風俗業界から足を洗うには

・この業界から抜け出るには相当の覚悟がいるみたいです。

労働対価としては普通の会社勤めでは得ることができないくらい高いのでなかなか難しい。
なかには本当に良い彼氏が見つかりその人と生きていく!と覚悟が決まったり。
中でも自分で辞める理由をつけるとしたら「この金額まで稼いだら辞める。」というのが良いそうです。

短期間で目標額を達成させてさっさとさよならする。
だらだら風俗嬢を続けていると抜けるのが本当に難しくなります。
年齢が上がればお客の指名も少なくなるし、長い夜の仕事暦のため昼職になかなか就くことができなくなります。

まとめ

風俗と言うと底辺の仕事、みたいなイメージがあります。
しかし実際社会の中では認められた仕事でもありますし古くからある職種の一つだと言うのも事実。
その中には自分の将来の夢のためや家族のためなどキチンとした理由があってこの業界で働いている人もいます。
調べていくうちにどの仕事にも楽はないんだなと感じました。

ただあまり長く続ける仕事ではないとは思います。
短期間でサヨナラして昼職に就いて生きていくのが良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました