デリヘル面接時の服装について!気になる仕事内容などを徹底解説!

仕事内容

デリヘルは男性が利用するものですが、詳しい女性のお仕事内容や、お給料などあまり知られていませんよね?
今回はデリヘルでの働き方、働く上で注意する点や面接時の服装など細かい部分まで解説していきたいと思います。

細かな部分まで解説致しますので、これから働こうと思っている女性は是非参考にしてみて下さい。

デリヘルとはそもそも何か?

普通の店舗型ヘルスは男性が直接お店に行ってプレイを楽しむ場所ですが、デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、デリバリーですので女の子をお客さんの指定した場所(自宅やホテルなど)に派遣するサービスになります。
お客さんの所に派遣するだけですので、お店側は店舗を構える必要がなく、店で働く女の子はお客さんがつくまで他の女の子と一緒にお店の事務所で待機している場合が多いです。

稀に店で働く女の子の自宅が待機場所などから近い場合は、自宅待機も許可してくれる店舗などもあります。

デリヘルの給料体制は?

働くお店や、いいお客さんを捕まえるかどうかにもよりますが、基本的にはお客さんが使った金額の6〜7割くらいが相場となります。
※例えばお客さんが使う金額が16000円だとしたら9600円受け取れます。

この相場より低い金額のお店は稼げないと思われがちですが、その分回転率(1日にお客さんが利用する回数が高い店)になりますのでお客さんの数で勝負すると言うことになります。
数で勝負しますので色々なお客さんを接客できるため、仲良くしておけば次回のリピートに繋がる可能性もおおいにあります。
逆にこの相場よりも高いお店は高級店になります。
高級店は単純に客単価(普通の店の料金形態より高い)ので働く女の子側のお給料も高くなります。

また、高級店ですと一般的なお店よりお金を持っているお客さんが多く来るため、上手くやってリピーターになってもらえれば他の大衆店よりも稼ぎが多くなるのも特徴です。
しかし、注意してほしいのは「お客さんがリッチ=店の女の子のレベルも高い」になります。
また競争率も非常に激しくなるため、稼げない子も多いのが現状です。
しかも女の子のレベルが高いので、それ相応の顔面レベルでないとそもそも面接すらしてもらえない場合もあります。

自分の容姿に自身がある方や、周囲から容姿についてよく褒められる方は面接を受けてみるのも良いかもしれません。

デリヘルの仕事内容は?

気になる仕事内容ですが、お客さんの指定場所までお店の従業員に車で送って行ってもらい、そこからお客さんとシャワーを浴び、基本はフェラで場合によっては、す股でイカせればお仕事終了となります。
また、細かい部分まで言うと仕事内容は体を使って行いますが、あくまで接客になりますのでお客さんの求めていることに答えてあげられるスキルが必要となります。

実際にプレイはせず話し相手になってほしいと言うお客さんも結構多いです。
お客さんに気にいってもらえると指名で通ってもらえるため、接客で頑張っておくのもいいかもしれません。
しかし、中には本番行為や女の子が嫌がる行為などをしてこようとするお客さんも中にはいます。
そのような行為はお店側が厳しく禁止しておりますので、そのような行為をしてきたお客さんに対しては厳しく接してお店の人に電話して対応してもらいましょう。

働いている女の子の特徴

夜の世界で働いている人達は、精神的に不安定な人や元ヤンキーなど社会から煙たがられている人達が働いているイメージを持たれがちですが、実際はそんなことはありません。
今の時代は副業ブームで短時間で高収入を得られるため、OLや看護婦などお昼のお仕事をしている方もアルバイト感覚で働いています。
もちろん夜1本で働いている人もいますが、ほとんどの方は何かしらのお仕事を別でしている方が多いです。

仕事の待機中は女の子は同じ部屋で待機するため、同じ店で働いている女の子と仲良くなれることも多いですし、仕事の悩みなど相談に乗ってくれることもあります。
また、一緒にご飯に行ったりお酒を飲みに行ったりとプライベートで仲良くしている女の子同士もよくいます。
しかし、注意しなければならない点は風俗で働いている女の子はホストクラブに通う子が多いため、誘われるがまま一緒に行ってしまい気づいたらハマってしまっていたと言う話もよく聞きます。
みんながホストに通っていると言うわけではありませんが、かなりの割合で通っている子が多いのでせっかく稼いだ大金をホストの飲み代などで失わないよう注意しましょう。

接客方法やリピーターを増やす方法

まず、男性が何故風俗通いされると思いますか?
欲求不満のため、寂しく人肌恋しいからなど様々な理由からです。
これはどの業種のサービス業にも言える事ですが、お客さんが何を求めてお店を利用しているのかを想像しながら仕事するのと、ただ何となくするのとでは後々の結果が大きく違ってきます。

やはりお客さんが求めていることを素早く察知し出来る限りの事をしてあげる子のほうが、後々のリピートに関して返って来やすい傾向があります。
それに対し適当に何となくやっている子ほどお客さんのリピートは少ないです。
デリヘルは他の仕事に比べて圧倒的にお給料は高額になりますが、体を使うお仕事ですし精神的に辛いことも多くなってきます。
それでも頑張る子が多いのは高額なお給料あってこそです!しかも少しの工夫で稼げる額も大幅に変わってきます。

デリヘルは頑張ったら頑張った分だけお給料が貰えますので是非上記で紹介したことを意識して仕事をしてみてください。

デリヘルでの面接時の服装について

いざ働くお店を決めて、面接の予定も入れたは良いものの面接時に着ていく服装がわからないと言う声をよく聞きます。
風俗業界は見た目が8割とも言われていますし服装で採用不採用の判断基準にもなります。

服装は人により異なりますが、面接時の服装はデート服などで着て行く服装などがベストだと思います。
フリルのあるトップスや、ふわっとしたスカート。
もしくは可愛らしいワンピースでも良いかもしれません。
スタイルに自信のある人は、体のラインが分かるタイトなワンピースを着るかもしれません。

NGな服装はデニムやロングパンツ、スエットやトレーナーなどのボーイッシュな服装はマイナス印象です。
やはり女を武器にする商売ですので多少は色気のある服装を意識してみると良いかもしれません。
また、髪型やメイクですが、派手髪でプリンが目立つ頭や化粧が濃いメイクは面接時の印象がよくありません。
ギャル系風俗なら話が別になってきますが、そうでない場合は清潔感を意識した髪型、メイクで面接に望んでください。

まとめ

今回はデリヘルの面接時の服装や仕事内容について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
容姿や服装だけで採用不採用が決まる訳ではありませんが、やはり見た目が良いのに越したことはありませんので是非紹介した方法で面接に挑んでみてください!
また、デリヘルのお仕事はキツイお仕事ですが、稼いでいる女の子は月に何百万もの大金を稼いでいるのも事実です。

実際に筆者の知り合いの子はデリヘルで稼いだお金でエステや美容室を経営し実業家になり成功している子もいます。
やはり成功している子たちに共通していることは相手が求めている事は何か、その上でどうするか判断し接客することが上手いと言うことです。
そのための努力を惜しまない人は普通の人より高額な給料を稼ぐことができますしお客さんにも気に入られます。
是非、これからデリヘルで働く人やすでに働いている人もこの記事を参考にしてもらい、少しでも多く稼げるように頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました