デリヘルで本入店する際に気を付ける事とは?

悩み

気軽にアルバイト感覚で働けると大人気の風俗店「デリヘル」。
デリヘルで働く場合には「体験入店」と「本入店」の2種類があります。
気軽にアルバイト感覚で入店する場合には「体験入店」をしますが、長期的に稼ぎたい場合は「本入店」になります。

それでは、今回の記事は「デリヘルで本入店をする時に気を付ける事」を主にまとめていきたいと思います。
結論から先に書いておきますと、「デリヘルで本入店をする時は、本当にそのお店でいいのか?
をよく考えてから慎重に行おう
」ということです。
デリヘル店はそのお店によって「お店のカラー」はそれぞれ違います。

あなたが働きやすいデリヘルで働かなければ絶対に損です。
そういうあなたが、「本入店する際に気を付ける事」を見ていきたいと思います。

デリヘルでは体験入店の後に本入店をするのが一般的

あなたがまず、「風俗店で働いてお金が沢山欲しい」と、思ったとします。

きっと気軽に働ける「デリヘル」などのお店を選ぶと思いますが、一体どんな流れで、採用してもらう事が出来るのでしょうか?
まず、デリヘルで働きたいと思ったあなたはインターネットや求人誌などのメディアで、求人をするでしょう。
これは、電話でもOKですし、最近ではLINEで気軽に連絡を取ることも出来るようです。
面接の具体的な日程を決めてもらったら日時と時間に遅れないように面接に向かいます。

面接では、「このお店ではどんなサービスをするのか?」
「どうして、風俗で働こうと考えているのか?」
「今までの風俗経験」などを、簡単に聞かれるでしょう。
そして、その場で採用されると、お店によっては、すぐにでも「体験入店」を、勧められることがあります。
もちろん、このお店で実際に働いてみたいと思えば、即入店しても構いません。
しかし、面接を受けて感触が悪ければ「体験入店はお断りすることも出来ます」。

面接担当者は、強引にでも体験入店させようとするかもしれませんが、別にそこで断ることは、おかしなことでは無いので、はっきりとお断りしましょう。
もし仮に、あなたが「体験入店OK」とした場合には、まず行われるのが、「講習」でしょう。
講習の方法はお店によって違いますが、「先輩のデリヘル嬢」が教えてくれるパターンと、「店長が教えてくれるパターン」。
そして、「DVDだけを見せられて、解説だけされてお終い」というパターンもあります。

とにかく、体験入店の前には「講習」があるでしょう。
風俗未経験者のあなたにも、親切に教えてくれるので問題はありません。
後述しますが、この「講習」の時点で「このお店、ちょっと問題あり」と思えば、本入店はせずに辞めることが賢明だと思います。
そして、「体験入店」の状態で数日出勤した後には、いよいよ「本入店」の手続きに進むことになります。

デリヘルでは、そういった一連の流れで「入店状態になる」ことが殆どですので覚えておきましょう。

体験入店と本入店の違いは何か?

デリヘルでは、「体入」と呼ばれる、「体験入店の状態」があります。
では、「体験入店と本入店」では、何か違う事があるのでしょうか?

それは、基本的には同じ条件です。
デリヘルで体験入店と言うと、一般企業でいう「試用期間」のようなものになります。
ただ、一般企業と違うのは「体験入店期間」でも、本入店とほとんど同じ待遇で給料を貰えることです。
もちろん、お店によっては「嬢が貰える給料の額(バック率)」が違う場合もありますので、面接時にきちんと確認をしておくことにしましょう。

お店としては、「出来るだけ長く嬢に勤めてもらった」方が、お客様を集客できるので、体験入店の後には間違いなく、「本入店」を勧めてくるでしょう。
嬢がある程度の期間継続して勤めてくれれば、お店の売上も上がるわけです。

本入店してもそのお店でずっと働けそうか?

では、あなたが体験入店を終え、いよいよ「本入店する」となった場合に、そこで断ることは出来るのでしょうか?

もちろん、出来ます。
デリヘルで「体験入店だけ」して、本入店をしない女のこは沢山います。
ただし、お店側としては、「なんとかあなたに本入店してもらって、長い期間働いて貰おうと必死」です。
しかし、あなたが「体験入店してみたけれど、このお店でずっと働くのは嫌だな、、」と直感的に感じたのであれば、思い切って本入店の前に断りましょう。

理由は何でもOKです。
「思っていたよりも仕事がハードだった」とか、「イメージしていた内容と違った」とか「お店の雰囲気が合いそうにない」とか、そういった「正直な理由」を伝えてお断りしましょう。
というわけで、体験入店の後の本入店には「慎重になること」が大切になります。
本入店を済ませると、ある程度の期間はそのデリヘル店で働くことになりますので、「ちょっと違和感がある。」という場合には、この時点でお断りするのが賢明でしょう。
ただ、あなたがどうしても「急なお金が欲しい」などの場合で、やむを得ずそのお店で働くことを決意したのであれば、実際に本入店をし、お客様獲得に向けて頑張ることがおすすめです。
デリヘルのお仕事で、かなり重要なことは「いいお客様を掴むこと」になります。
どんなデリヘル店であれ、お客様は「あなたから受けるサービス」を期待して、指名して下さるのです。

ということは、お店の良し悪しよりも、「あなたがどれだけお客様に気に入って頂けるのか?」の方が、よっぽど重要なことになるしょう。
どんなお店であれ、あなたが頑張ることが出来るのであれば、本入店することは全く問題のない事だと言えます。

強引に本入店を勧められていないか?

デリヘル店では、基本的に「強引にでも本入店を勧める」でしょう。
というのも、風俗業界では常に「人手不足」の状態が続いています。
女の子はいくらいても困らないのが、風俗業界なのです。
もちろん、体験入店を済ませ、ある程度の技術を身につけてくれたあなたは、お店にとってもう「十分な戦力」になっています。

しかも、風俗嬢が一番集客しやすいのは「体験入店時」なのです。
体験入店を済ませたあなたには、ひょっとするともう、「ファンが付いている」可能性もあります。
そうした場合に、お店側からすると、そんなに集客力のある女の子は、簡単に手放したくないのが本音でしょう。
というような理由で、お店側は、あなたを恐らく「強引な手口」で、本入店しなければいけないように、誘導してくるはずです。

もし仮に、あなたが「このお店に本入店はしたくない」と、考えるのであれば、その場で断固として、本入店はお断りしましょう。
お店によっては、「体験入店をしたら、本入店をしなければいけない規則がある」とか、「他のお店では、それがマナーだから」とか、「じゃあ後は、この契約書にサインをして、、」とか、色々な方法で、あなたを本入店させようと躍起になるはずです。
そこで、冷静になって、一度お断りするのも、一つの考え方です。
もちろん、「いったん考えて、後日ご回答します」でもOK。

とにかく、「自分の決めた決断とは別の方向」に向かわないように注意しましょう。
ただ、体験入店で、あなたは「一定の数のお客様」を、獲得しているかもしれません。
そうした時には、そのお店で「本入店をして」、継続して働けば、今からの収入がどんどん増えてくる可能性も無いわけではありません。
お店側は、「店の事ばかり」を考えて、不足している女の子を囲い込もうと必死ですが、あなたも、「このお店なら稼げそう」と思うのであれば、本入店をスムーズに受けることも悪くはない条件かもしれませんね。

ただ、本入店をする際には、「契約内容」をきちんと注意して見ておく必要があるでしょう。
「バック率の契約は正しいですか?」
「出勤日数の契約は正しいですか?」
一度、本入店をしてしまうと、後から言い出しにくい事もありますので、体験入店から、本入店に切り替えるところで、よく確認をしておくことが大切になるでしょう。

体験入店の際のあなたへの対応は良かったか?

体験入店から、本入店に切り替える時。

「このお店で本入店してしまって、本当に大丈夫?」と、疑うべきポイントもあるのでご紹介します。
それは、「体験入店時のあなたに対する扱い」です。
体験入店時には、あなたは講習を受けたり、サービスの内容を説明されたりすると思います。

講習では「店長が直接する場合」と「先輩の嬢がする場合」そして、「DVDを見て、説明を受けるだけの場合」もあります。
いずれにしても、その時の対応であなたが、そのお店に本入店しても大丈夫か否か?
が分かるのです。
まず、店長が講習をしてくれる時に、「セクハラ攻撃」は受けていませんか?

中には、エッチなことを沢山させて、自分の性のはけ口にする、悪質な店長もいます。
肉体関係を持った店長の元で、今後も継続して働いていくことは困難でしょう。
人間関係も良くありません。
また、先輩の嬢があなたを直接講習してくれることもあるでしょう。

そうした時に、先輩の教え方は丁寧で、誰が聞いても分かり易い物だったでしょうか?
きちんと、質問時間をとって、あなたの疑問に答えようと努力をしてくれたでしょうか?
あるいは、あなたがきちんと納得するまで講習を継続してくれたでしょうか?
今から、本入店をすると、その先輩の様な嬢と、仲良く付き合っていく必要があります。

先輩のあなたに対する態度が良くないのであれば、そのデリヘル店で本入店をすることは避けた方が良いかもしれませんね。
そして、「DVDを見て簡単に説明をされる講習」の場合ですが、この場合も、きちんとあなたの質問にお店側から指導があったでしょうか?
分からないことは、気軽に質問できる内容の講習だったでしょうか?
あなたが「講習で、適当な扱いを受けて悲しい思いをした」というのであれば、そのお店には本入店するべきではありません。

最近では、このDVDを見て簡単に説明するだけのデリヘル店は増えているようです。
こういう、講習の時にあなたの分からないことにきちんと答えられないようなお店では、この先長くいても辛い思いをするのはあなたでしょう。
本入店するかしないかは、あなたがその時によく考えるべきではないでしょうか?

本入店をした後にも辞めることはできるの?

デリヘル店に本入店した場合には、辞めることは気軽に出来るのでしょうか?
はいもちろん、本入店した場合もお店を辞めることは可能です。
デリヘルでお店を辞める場合には2種類の方法があります。
一つ目は、「直接店長に会って伝える」という方法です。

これは、面と向かって伝えるので、誠意はありますが、直接会うという事で、かなり勇気がいる事でしょう。
店長から、「どうして辞めるのか?」という理由も間違いなく聞かれます。
そうした質問に答えられるように準備をしておかなければいけませんね。

例えば、「実際に働いてやっぱりきつかった」とか、「昼間のお仕事が決まったから」とか、「彼氏ができたから」などの理由でOKでしょう。
もう一つの方法は、「電話やLINEで伝える方法」です。
一般社会では、「退職の意思表示は上長に直接会ってから」が一般的ですが、風俗業界では電話やLINEでもOKな場合が殆どです。
お店側もそうやって言われることに慣れているので、不快感も出さずに受け取ってくれるでしょう。

辞める時も通常の会社と同じように、「一か月前」に伝えてもいいですし、「その日突然伝える事」もOKです。
確かに一か月前に伝えた方が、お世話になった方々にご挨拶も出来ますが、人間関係に気を遣わなければいけない場合もあるでしょうから、風俗業界ではどちらでもOKなのです。
デリヘルでは、本入店した後でも辞めることは可能になります。

デリヘルの本入店はよく考えてから行いましょう!

というわけで、今回は「デリヘルで本入店する際に気を付ける事」をまとめてきました。
デリヘルでは一般的に、体験入店からのスタートとなります。
そのあとの本入店のお誘いは絶対に避けて通れないものです。
もちろん、そのお店が気に入ったのであれば、すんなり本入店してしまいましょう。

しかし、何らかの気になる事があるのであれば、本入店は一度保留にして、他のお店に行くなどの選択を考えてみてもいいのではないでしょうか?
また、本入店した後でも、辞めることは可能になりますので、慎重になりすぎることも良くないかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました