箱ヘルの保証の相場ってどれくらい?受け取るには?

お金

気軽に誰でも始めやすい風俗のアルバイトの王道と言えば「箱ヘル」です。
「ファッションヘルス」とも呼ばれ、風俗の登竜門としてアルバイト先に選ぶ女性も多いでしょう。

その「箱ヘル」の求人にはかなりの割合で、「最低保証制度」が付いています。
つまりは、「出勤して待機しただけでもお金が貰えます」という制度です。
今回はその「箱ヘルの保証制度」について具体的に見ていきましょう。
結論を先に書いておくと、「箱ヘルの保証制度を受け取るには相応の条件が在るかも?」ということです。
それでは、まとめていきます。

箱ヘルで働く時に重要な「保証制度」

まず、箱ヘルの保証制度ですが、多くの求人には「最低保証〇〇万円」と書いてあるかと思います。

というのも、箱ヘルで働いた際に「お客様がゼロの日」も、間違いなくやって来ることがあるからです。
お客様は「まんべんなく来店する」とは限りません。
めちゃくちゃ忙しい日もあれば、めちゃくちゃ暇な日もあります。
そうした、「お客様ゼロ」の日は、結局のところ、「あなたの収入もゼロ」ということになるのです。

どういう事かと言いますと、箱ヘルなどの風俗店は基本的に「歩合制」です。
お客様へのサービスを何回こなしたか?で給料が決まっていきます。
つまるところ、お客様が来られて、あなたを指名しない限りは、「タダの時間の浪費」で終わってしまうのです。

そうした「時間の浪費」を少しでも軽減しようと風俗店が行っているのが、「保証制度」というシステムになります。

保証制度の相場ってどれくらい?

では、その保証制度の相場ってどれくらいなのでしょうか?
大体が、1日6万円~10万円程度が相場ではないでしょうか?

もちろん、その箱ヘルがどこの地域に出店しているのか?
で金額は大きく変わってくるでしょうが、大体の相場は1日6万円~10万円となります。
何もせずとも、それだけのお金を貰えるなんて、めちゃくちゃ美味しい仕事だと思いませんか?
しかし、この「保証制度」には多くの場合、裏の条件があるのです。

箱ヘルで保証を受け取る条件とは?

では、箱ヘルで保証制度を利用するための裏の条件とは、一体どんなものが挙げられるのでしょうか?
まずは、「ルックス」です。
あなたが可愛い女の子でなければ、保証制度が起こらない場合もあります。

そして、次に「顔出し」です。
ルックスが可愛い女の子であれば、「多くのお客様を集客すること」に使えますよね?
となるのであれば、ホームページやパネル写真に「顔出し」をして、掲載することを求められるかもしれません。
自分は「風俗で働いているなんて、絶対に秘密」という女性には難しい条件ですよね。

あるいは、「週に〇〇日以上出勤すること」と「1日に〇〇時間の待機をすること」も、よくある条件です。
お店側としても、「ほとんどお店に来ない不安定な出勤スタイルの女の子」に、多くの現金を渡すことはしません。
間違いなく、「あなたが集客できるレベルの女の子」でない限り、安易に保証はしてくれないのです。
お店によっては「入店祝い金」というものをくれるお店もあります。

この「入店祝い金を受け取る」にも、実は、最低〇〇日を〇〇か月連続で出勤したら、、などという制約が付いていることが殆どです。
つまりは、一般の会社員の「ボーナス」に当たるのが、この入店祝い金になりますね。
このように、箱ヘルで保証制度を利用しようと思うと、多くの条件が付いているでしょう。
よく求人内容を確認するのが大切です。

保証を受け取るには身バレの可能性もあり!

箱ヘルで保証制度を利用するのであれば、「顔出し」がかなりの大切な項目になります。
ということは、インターネットやお店の玄関に、あなたの顔がデカデカと載ってしまうかもしれません。
誰かに隠して箱ヘルでのアルバイトをしているのであれば、その身内の方にバレるかのせいは非常に高くなります。

もちろん、メイクや髪型の変化をつけたり、パソコンの画像編集ソフトで上手く編集をしてもらうことも可能ですが、100%気付かれないということはないでしょう。
もし、別のお仕事や、大学に通っている状況であれば、「顔出しをしてネットやお店の入り口に掲載される」のは、ちょっと危険なのかもしれませんね。
身バレをしたくないのであれば、「保証制度を目当て」にその箱ヘルを受けることは辞めておいた方が賢明です。

箱ヘルの求人に応募する際には保障とその条件をよく見よう!

というわけで、今回は「箱ヘルにおける保証制度」について、具体的に見てきました。
箱ヘルには確かに「保証制度」があります。
しかし、その多くの保証制度を利用するには、「ちょっと高いハードルの条件」を受け入れなければならないでしょう。
お店側も「慈善事業」で箱ヘルを開けているわけでは、ありません。

全てのヘルス嬢に保証をしまくって、お客様が全然来なければ、そのお店は潰れてしまうでしょう。
ただ、あなたが「身バレしても全然平気」というのであれば、「最低保証制度」を活用してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました