ソープで働く時には性病に気を付けるのが当たり前

悩み

ソープランドと言えば、「風俗業界の王様」と呼ばれています。
風俗店では当たり前ですが、「お客様の性器との接触」があるでしょう。
しかも、ソープランドと言えば風俗業界の中でも「ハードに性器と接触するお仕事」になります。
そんなソープランドで当たり前に気を付けなければいけいない物の一つに、「性病」が挙げられるでしょう。
今回はその「ソープで働いた時に性病からどう身を守ればいいのか?」を、より具体的に見ていこうと思います。

結論を先に書いておくと、「当たり前のプレイをして清潔にすることを心がけましょう」ということです。
性病に掛からないようにするためには「清潔にすること」が一番なのです。
逆に不潔にしていれば、風俗で働かなくても掛かってしまう可能性もあります。
それでは、見ていきましょう。

ソープでは本番があるので性病になりやすい

ソープでは何をするのでしょうか?
そうです、ソープランドではプレイの中に「本番行為」があります。
厳密に言うと、「本番行為はソープでもNG」なのですが、特例的に警察も見て見ぬふりをしているのが、ソープランドでの本番行為になります。

当然、本番行為をすれば「性病感染のリスク」は、飛躍的に高まります。
では、どうしてソープでは本番をしなければいけないのでしょうか?
通常であれば、「日本国内の風俗店」では全て、本番行為は禁止されています。
しかし、ソープランドでは、本番行為が出来る。

どういうカラクリかと言いますと、ソープは「特殊浴場」と呼ばれる業態で、ただの「エッチなお風呂屋さん」が本来のサービスです。
さらには、その特殊浴場に遊びに来たお客様は「ソープ嬢の事」を気にいてしまい、その場で二人ともが合意の上で本番行為をしてしまった。
というカラクリになっているのです。
そのため、日本では「ソープでは本番が出来る」というのが、常識になっており、警察も取り締まりをせずに見て見ぬふりをしているのが現状となります。

ソープで性病対策をきちんとして、性病感染のリスクを取り除いていればいいのですが、必ずしも100%の性病対策という事はあり得ません。
本番行為がある限り、ソープで性病になるリスクは、かなり高いと言えるのです。

ソープではどんな時に性病になるのか?

ソープランドで働くと「性病」にかかりやすいのですが、実際にはどんな時に掛かりやすいのか?

を見ていきましょう。
まずは「本番行為」です。
本番行為は、性器と性器の接触ですので、もしお客様が「性病感染者」であり、何の対策もしていなければ、ほぼ100%あなたは性病に感染してしまうでしょう。
次に、フェラなどの「オーラルセックス」です。

性病に掛かったイチモツをお口に含んでしまうと、細菌があなたの体内に入り、性病に感染します。
ここでも、「きちんとした性病対策」をしていけば、実は性病に掛かる可能性はグンと減ります。
あるいは、性病に感染したお客様との「ディープなキス」でも、性病感染のリスクはあると言えます。
性病の細菌は「口移し」でも移るのです。

または、お客様からあなたの性器を舐められることでも、性病に感染してしまう事もあるので要注意と言えるでしょう。
というように、ソープランドでは他の風俗店に比べて、性器との接触も多く、よりハードなプレイをするため、性病感染のリスクは非常に高いと言えるでしょう。
とにかく、気を付けるべき時は「お客様の性器と接触する時」です。

ソープでかかりやすい性病とは?

それではここで、ソープではどんな性病に掛かりやすいのか?
を具体的に見ていきましょう。
性病と言っても種類は様々です。

クラミジア

日本人の性病の中でも、一番感染者数が多いと言われているのがこの「クラミジア」です。
なんと、日本人の男女の25000人以上は、この「クラミジア」に感染しているとも言われています。
例えば、たった一度の性行為だけでも感染してしまうほど、「簡単に感染する性病」なのです。
さらには、フェラをしただけでも、喉の奥から感染しするのもクラミジアの特徴です。

具体的な症状としては、
「性交渉の時に痛みを感じる」
「生理以外で不正出血がある」
「下腹部に痛みがある」
「のどの痛み」
「おりものが多くなる」
などです。
フェラでも感染しますので、喉が風邪の時のように痛いと感じた時にも、この「クラミジアの感染」を疑ってみた方が良いでしょう。
ちなみに、クラミジアの潜伏期間は1週間から1か月ほどで、「かなり長い」です。

知らず知らずのうちにクラミジアに感染し、他の人に移している可能性もあるので、厄介な性病の一つですね。

梅毒

近年の日本で流行っている性病の一つに「梅毒」があります。
厚生労働省の統計では、2010年から2015年の期間中に梅毒患者は約「5倍」に増えています。

過去の日本では流行った歴史がありますが、ここ数年で異常なスピードで広がりを見せています。
潜伏期間も2~3週間はあるので、こちらも知らないうちに人から人へと感染している可能性が高いのです。
具体的な症状としては、
「陰部にしこりが出来る」
「股の付け根のリンパが腫れる」
「全身に発疹が出来る」などのものがあります。
過去の日本では「梅毒は不治の病」と言われていた時代もありましたが、今では「ノバモックス」という薬が開発され、有効な効力を発揮してくれます。
また、梅毒は「コンドームの着用」でかなり感染率が減る性病なので、ゴムありでの性行為を行いましょう。

性器ヘルペス

続いて性器ヘルペスです。
性器ヘルペスの患者数は、国内だけで約8000人と言われています。
しかし、性器ヘルペスの症状には「自覚出来ない物」もあり、一説によると「約数万人」は感染しているのではないか?
と言われる病気です。

性器ヘルペスの怖いところは、「性行為をしなくても感染する」ということです。
性器ヘルペスに感染した人が使った
「お風呂の椅子」
「タオル」
「便器の便座」などからも感染するリスクがあります。

具体的な症状としては
「軽い水膨れの様なぶつぶつが出来る」
「38度以上の熱が出る」
「陰部が痛い」などの物が挙げられます。
性器ヘルペスが悪化すると、股間がただれてきたり、おしっこをしにくくなるなどの重症に悪化するので注意が必要です。

性器ヘルペスに感染しないようにするには、「とにかく清潔な状態を維持すること」が非常に大切です。
他人が使ったタオルをそのまま使用したりすることは避けましょう。
また、こまめに消毒用エタノールなどで消毒を繰り返し、常に衛生的な中でプレイをしていくことが求められます。

淋病

続いてのソープでよく感染する性病は、「淋病」です。
残念なことに「淋病」にかかった多くの女性は、「自覚症状がない」場合が多いのです。
約80%の女性淋病患者は、自覚しないままに性行為を継続して、感染を広めてしまいます。
ちなみに、男性が淋病に掛かると、イチモツから膿が出たり、激しい痛みが出るので、すぐに気が付くことが出来ます。

女性の場合にはそういった「はっきりとした症状」が無いため、恐ろしいのです。
淋病の具体的な症状を挙げていくと「おりものが増えたり、色が変わったりする」
「生理とは関係なく不正出血が起こる」
「陰部に痒みや痛みが出る」
「アソコの匂いがきつくなる」などがあります。
どの症状も、一見すると気が付きにくい物ばかりではないでしょうか?
ただし、「常に清潔な状態」を保っているひとであれば、異常な状態に早く気が付くことも出来るかもしれませんね。
淋病の治療にはクラミジアと同じ薬の「ジスロマック」が有効です。

性器の異常を感じた場合は、早急にお医者さんを受診されることをお勧めします。

カンジダ症

最後に、「カンジダ症」です。
カンジダ症というのは厳密に言うと「性病」ではありません。

カンジダと言うのは「カビ菌」の一種で、なんと「人間の体内に当たり前に存在する細菌」なのです。
カンジダは、「体力が低下したり、免疫機能が低下したり」する時に増幅していきます。
なんと、女性の内の20%以上は生涯に一度は「カンジダ症」に掛かると言われています。
それでは、カンジダ症の具体的な症状です。

「陰部の強い痒み」
「陰部の痛み」
「白いおりものが出る」というような感じです。
こちらのカンジダ症も一見すると「性病」と気が付きにくいとも思われるでしょう。

カンジダ症には治療薬ももちろんあるのですが、まず治療をする前に「体力を回復させること」が必要になります。
免疫機能が高まれば、カンジダ症を発症することは少なくなるでしょう。
というように、ソープランドで働けば、多くの性病に感染するリスクが高まります。
一般的には、「陰部の痒み」
「陰部の痛み」
「おりものの色が変わる」
「おりものの量が増える」などの、目に見える体の異常が出てきます。
あなたがソープで働いて、体に異常が出てきた場合には、速やかにお店に相談をし、すぐにお医者さんのところに行き、治療を終わらせてから再度出勤することが望まれます。

ひょっとすると、「自覚症状のないまま」ソープで働き続け、性病を広めてしまっていることもあります。
ソープランドの中には「定期的な性病検査」を義務づけているお店も多いので、出来るだけ、定期的な検査を受けるようにしましょう。

性病に掛からないために気を付ける事

では、ソープランドで働いて、性病に掛からないようにするには、どういったことに気を付ければいいのでしょうか?

それは、一言で言うと「清潔にしておこう」ということです。
性病の細菌は「不衛生な場所」で繁殖します。
常に清潔な状態の場所でプレイをすることを心がけましょう。
具体的には、「お客様の性器や肛門をしっかり洗う」、「お客様の性器に異常がないか、プレイの際にチェックする」
「お客様の爪が長くないかチェックする」
「口と体の消毒を徹底する」
「プレイ後のシャワーは絶対に浴びる」
「プレイ後には必ず陰部を洗い、おしっこをする」

こういった方法で、ソープでの性病対策はすることが出来ます。
また、当たり前の事ですが、「コンドームの着用」でのプレイは絶対です。
コンドームなしでプレイをしてしまうと、飛躍的に性病感染のリスクは高まっていくでしょう。
というように、ソープ嬢たるもの、「常に衛生的なプレイをし、コンドームを着用してもらう」ことが必須行為になるでしょう。

高級ソープでのゴム無しプレイと性病感染リスク

しかし、高級ソープ店では「当たり前の様に」コンドームなしでセックスをしています。
高級ソープ店で、性病感染の予防をすることは不可能なのでしょうか?
いえ、実は「高級ソープ」の方が、性病感染リスクは低いのです。

どういうことかと言いますと、高級ソープ店では「きちんとした会員のお客様」だけをお相手することが殆どです。
高級ソープ店では「お客様自身が性病でないかどうかのチェック」も、きちんと行っています。
つまり、「性病じゃないからゴム無しでプレイしようよ」と、考えてあるのが高級ソープ店です。
もちろん、プレイルームの衛生管理も、格安ソープ店から見れば「雲泥の差」ですので、そういった衛生面から見ても高級ソープで性病に感染するリスクはかなり低いでしょう。

また、高級ソープ店で働くと、「お相手するお客様の数が少ない」というメリットがあります。
ということは「全く知らない性病感染者」と、行為をする機会もほぼ100%無いため、あなたが性病に感染することは、あまりあり得ないでしょう。
高級ソープであれば、「一人のお客様の単価も高く」さらには「性病感染のリスクも少ない」ので、間違いなく格安ソープや中級ソープで働くよりも、メリットがめちゃくちゃ大きいと言えます。

ソープで働く時はとにかく衛生面に気を付けて性病対策を!

というわけで、今回は「ソープで働く時に性病に気を付けよう!」ということについて、記事をまとめてきました。
ソープで働いて、性病に掛かりにくくするにはとにかく「衛生面を気を付ける事」を徹底して行っていきましょう。
あるいは、自分の体に普段とは違う異常が起こった時も、すぐに出勤を取りやめ、お医者さんのところに行くことが必須になります。
ソープなどの風俗店で働くからには「性病感染のリスク」を100%取り除くことは不可能です。
あなたの普段からの行動で、少しでも性病感染のリスクを減らして、心地の良いソープ嬢としての仕事に勤めて行きませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました