デリヘルでソフトとかハードがあるのか?

仕事内容

あなたは、「デリヘルで働いてお小遣い稼ぎをしてみたい」と思ったことがありますか?
そう、世の中の女の子が「気軽に」
「短時間で」稼ぎやすい風俗のアルバイトが、「デリヘル」になります。

今回は、そのデリヘルでも「あんまり、ハードなことはしなくないな、、」と思われる女の子に、「ソフトサービスのデリヘル」について、記事をまとめていきます。
先に結論を言っておくと、「ソフトサービスのデリヘルもあるけど、どっちみち、数をこなして稼ぐのが一番」ということです。
もちろん、デリヘルのソフトサービスでも、十分に稼げます
それでは、具体的に見ていきましょう!

デリヘルとはどんなサービスを行うお店?

まずは、基本的なことから。
「デリヘルって、どんなサービスをすればいいの?」

ということからです。
基本的にはデリヘルは、「お客様からの注文」があると、お客様のご自宅、ホテルの部屋、にお伺いします。
そして、雑談などをしながら、一緒にシャワーを浴びて体をきれいに流します。
(もちろん、イチモツもきれいにしてください)

その後は、ベッドに移動して、フェラでお客様をフィニッシュさせます。
もしくは、お客様の全身をエッチなマッサージをしながら、手コキでフィニッシュ。
あるいは、お客様に馬乗りになって、素股でフィニッシュ。
そして、再度シャワーを浴びながら、雑談をして、あっという間にプレイ時間終了。

という流れになっています。
そう、「とにかく本番行為をしないで、お客様をフィニッシュさせるプレイ」を提供するのが、デリヘルなのです。
というわけで、デリヘルでは「あなたも全裸になる」のが基本です。
更には、あなたの性器もめちゃくちゃ触られるのが基本です。

時には、性器を舐めれられることもあるでしょう。
とにかく、本番行為以外は全てアリなのが、デリヘルのサービスです。
では、そのデリヘルのお仕事に「もうちょっとだけソフトサービスなお店はないの?」という方に、色々おすすめをしていこうと思います。

ソフト系デリヘルで働きたいならM性感などがおすすめ

まず、ソフト系のデリヘルと言って思い浮かべられるのは「M性感」というジャンルのお店です。
こちらの「M性感」というのは、基本的に「男性を一方的に責めるだけ」のお店です。
つまり、M男にエッチなマッサージをして、フィニッシュさせてお終い。

という流れのお店なのです。
デリヘルでは、デフォルトで「おっぱいを触るとか、性器を触られるとか、フェラをしてもらうとか、」ハードなサービスがありますが、M性感では基本的には「手コキのみ」です。
さらには、「ゴム着用のみ」という、お店も中にはあるのです。
ただし、M性感でも「オプション」を付けるサービスもあって、オプションでおっぱいを出すとか、触れるとか、フェラをしてもらうとか、、色々ハードなプレイもあります。

ただ、一般的なデリヘルよりも「ソフトなサービス中心」になるのは間違いないでしょう。

SM系のデリヘルのお店も実はソフトサービス

また、実はSM系のデリヘルも密かに「ソフトサービス」のジャンルに入ります。
SM系では、「Mの男性客」に、ムチなどを使って、責めるだけのスタイルです。

目隠しや、ムチでの攻撃、乳首への攻撃だけで、「超絶な性感」を感じる男性客ばかりなので、殆どの場合、「女の子が触られること」はないでしょう。
ただ、SMプレイには、「かなりの技術」が必要になりますので、そのあたりが、素人には難しいポイントになるかもしれませんね。

ハードサービスのお店の方がぶっちゃけ稼げる

しかし、ぶっちゃけて言うと、「ハードサービスのデリヘル」の方が短時間で、簡単に稼げます。

というのも、SMにしろ、M性感にしろ、「お客様が満足するまでの時間」が、長くかかってしまう可能性が高いからです。
ハードサービスのデリヘルであれば、
「脱ぐ」
「舐める」
「舐められる」
「フィニッシュ」という、シンプルな流れのみで構成されます。
M系の性感を求められるお客様は、「かなりマニアックな性感」を、求められます。
となってくると、必然的に「フィニッシュまでの時間」が、長くなってしまうでしょう。
ということで、ソフトサービスのデリヘルでも間違いなく稼ぐことは出来ますが、よりあなたが楽に稼げるのは、「ハードサービスのデリヘル」と言えるでしょう。

ソフトもハードもデリヘルなら数をこなして稼ごう!

というわけでs、今回は「デリヘルのソフトとハード」について、まとめてきました。
結論的には「ソフトサービスのデリヘルも、ハードサービスのデリヘルも数をこなして稼ぐしかない」ということです。
デリヘルの売上は60分で大体7000円程度です。

もし、あなたが1日に30000円以上稼ぎたいのであれば、1日に5客以上は取らなければいけません。
これは、体力的にも結構きつい数でしょうし、お客様が運よく来てくれる可能性も低いかもしれません。
ハードで短時間で稼ぐのか、ソフトで、気軽に稼ぐのか?
時間をどうやって使うのかを決めるのは、あなた次第だと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました