ソープランドの面接で採用される方法・働くメリットについて!

悩み

ソープランドで働こうか迷っている・お金に困っているから働かないといけないという方少なからずいると思います。
雇って頂き、労働に対しての対価を得るために避けて通れないのが面接です。
ですがソープランドの面接ってどんなことをするのでしょうか?

本記事ではそんなソープランドの面接の真相・合格するためにはどのようにすれば良いのかという事について徹底解析していこうと思います。

ソープランドの面接内容とは?

ソープランドの面接って何をするか分からない・イメージでそのお店の男性スタッフとその場で実践研修を強要させられてしまうと思っている方多いのではないでしょうか?
全て詳しく説明していきます。

面接の流れ

1.約束された時間にお店に来店
2.スタッフと面談
3.採用ならそのまま講習
4.希望すれば体験入店
というような流れになっています。
どの店もこの流れが基本です。

面接の内容について

まず最初にお店で用意されているプロフィールシートに記入します。
名前・年齢・生年月日・住所から性感帯・オナニーは週何回するか・どんなプレイが出来るかなどの項目が用意されています。
もし採用になった際この情報を元にホームページ等に掲載することになるのでプレイ項目は正直に答えることをオススメします
入店してからやっぱりこのプレイは出来ないなどの相違が出ないようにするためです。

事実を書かないと後々バレることになるので正直に書きましょう。
次にプロフィールシートを元に面接官との面接が開始します。
面接の内容としては年齢確認・働く動機と稼ぎたい額・出勤できる日数・お店のシステムなどについて説明されます。
それと同時にプロフィールシートの情報の確認もされます。

プレイ可能範囲の確認やエッチな質問もありますがそれは雇う側も知っておきたい情報なのでしっかり答えましょう。
これはお店によって違ってくるのですがランクの高いソープランドになればなるほどボディチェックが行われ体の隅々までチェックされます。
ソープランドの8割程度のお店はボディチェックを導入しています。
ボディチェックとは全裸になることで体のラインやシミ・タトゥー・アトピーなどの確認を目視で行います。

体を見せるお仕事なのでどうしても必要なチェックになってきます。
そのため面接の際には出来るだけ綺麗でセクシーな下着を付けて行きましょう。
その方が面接官の印象も良いです。
ここまでが面接の基本的な流れとなっています。

そして面接が終わるとその場で合否の結果を教えてくれるお店がほとんどです。
逆に「合否は後日連絡させて頂きます」と言われた場合は不採用の可能性が高いので違うお店を探しましょう。
採用になって場合はその後に講習、体験入店という流れが待っています。
講習の際の流れとして実技講習・DVD講習・マニュアル講習の3つが行われるのが基本となっています。

実技講習と言うのが皆様気になっている実技研修の強要にあたってくると思うので少し説明します。
実際にフェラ・手コキ・本番行為の研修があるのは事実です。
ですが女の子を大切にしているお店ならばフェラ・手コキの際に射精したら罰金制度を設けていたり、女性のスタッフが研修相手になってペニス型のディルドで模擬の研修形式にしたりと配慮がしっかり行われています。
本番行為もソープランドには講習しないと何をしたら良いのか分からない行為もたくさんあるので行うこともあります。

なのでしっかりしているお店なら強要といった行為は全く無いので安心してください。

面接の際の服装について

ソープランドの面接って何を着ていくのが正解なのか分からないという方多いかと思われます。
ですがソープランドだからといって特に他のアルバイトの面接と変わりません。

お店によりますがいつもどおりの格好で着てくれれば良いというお店が殆どとなっています。
その為、服を選ぶ際にはソープランドが客商売である以上「ソープランドにやってくるお客様が魅力的だと思う服装は何かという事を考えて選びましょう。
無難な服装はきちっとした場に出ても違和感のない格好です。
カジュアル過ぎる格好やデニムの着用は控えましょう。

高級ソープランドになればなるほど外見を重視するため仮にも面接の場で服装の指定がないからといって服装やメイクをおろそかにするのはオススメできません。
雇う側も出来るだけ可愛い子を採用するので可愛く見せる努力は最低限行って行きましょう。

必要な持ち物って何?

普通のアルバイトなら履歴書を持っていけば大体がokという認識がありますがソープランドの場合何を持っていけばよいのか全く分からない!という方が多いと思います。

ソープランドの面接の際に必要な持ち物は基本的には「顔つきの身分証明書」のみです。
ソープランドだからといって特に他のアルバイトと変わったことはありません。
これは年齢を確認するための提示です。
年齢を詐称されて働かれてしまうとお店が摘発されてしまったり、最悪の場合閉店・経営者逮捕という事になりかねないので顔つきの身分証明書の確認は絶対となっています。

採用されるために心掛けるべき事

ソープランドで採用されるためには何を心掛ければ良いのでしょうか。
ソープランドで採用されるために心掛ける事
・最低でも1日6時間勤務が出来るということを伝える
・固定曜日出勤ができる事を伝える
・言葉使いに気をつける
・服装に気を使う
・エリアを絞る

この5つが挙げられます。
最低でも1日6時間勤務が出来る事というのはソープランドは部屋数に限りがあるために6時間よりも短いシフトの方を入れてしまうと中途半端に空き部屋が出来る状況になってしまいます。
それを避けるためです。
ソープランドにはオーラスと片番というという勤怠形式に分かれています。

オーラスはお店のオープンからラストまでの勤務で片番は午前から夕方か、昼から夜という勤務帯です。
基本的にこのどちらかでないと働かせてもらえません。
それと曜日固定の方がお店側もシフトを組みやすいために採用される確率が上がります。
1番大切なのは言葉使いルックスです。

丁寧な言葉使いと笑顔は物凄く大切です。
面接官への態度がそのままお客様に出ると考えているので言葉使いが悪かったり、愛想が悪い方はいくら容姿が整っていても不採用になるケースが結構あります。
これは高級ソープランドになればなるほど重視されてくる点ですので心得ておきましょう。
ここで高級ソープランドに受かるメリットについてお話しします。

高級ソープランドで働く最大のメリットは「稼げる」ということです。
(高級でなく普通のソープランドでも普通のアルバイトよりは遥かに稼ぐことが可能)
一回の接客で5万~多いときは10万を超えるお金を払うお客さんがいるお店もあるので手元に入る収入も多くなります。
一ヶ月で数百万の収入を得ることも可能なのが1番のメリットです。

ですがその分採用率がとても低く、採用率は10%にも満たないのが現状です。
ルックスだけではなく言葉使い・正確・持ち物なども面接官に査定され、ルックス意外に中身も良くないと受からない厳しい世界です。
それとソープランドはシフトが物凄く自由なのもメリットの1つです。
普通のアルバイトなら基本的には1ヶ月前にシフトを提出するのが一般的で、出勤を希望しても定員が埋まっていたら勤務できないという事もザラにあります。

ですがソープランドの多くはかなり自由にシフトを提出してほぼ希望が通りますので魅力的です。
とにかく採用率をあげたいのであればエリアを絞ることもオススメです。
どうしてもすぐ働きたい!お金が必要!という方は競争率の激しい高級ソープランドが集まっている川崎・中洲・吉原などの有名地は外してお店を選びましょう。
ソープランドの面接の概要・採用されるための心掛ける点・働くメリットについて説明してきました。

体を使うお仕事なので女の子を大切に扱ってくれるお店をしっかりと見極めて選ぶことがとても大切になってきます。
面接の際にこの店何か違うなと感じたら働くのは辞めたほうが良いでしょう。
これからソープランドで働くか悩んでいる方は参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました