ソープでの最低保証はどうなのか?

お金

数多くある「性風俗店」。
その中でも「風俗の王様」と呼ばれるのが、ソープランドになります。
今回はその「ソープ」で働くにあたって、「全くお客様を呼べなかった場合はどうなるのか?」ということにスポットを当てて、記事をまとめていこうと思います。
結論から書いておきます。
ソープランドで働くにあたって、そのお店の最低保証制度はかなり大切です。

ということと、その理由を具体的に見ていきましょう。
あなたが、もしソープで働くのであれば、そのお店の「最低保証制度」は必ずチェックしておかなければいけません。

ソープで働いて稼ぐには多くのお客様を呼べなければいけない

まずは、性風俗店の大原則からお話していきましょう。

性風俗店とは一般的に、「男性のアソコを気持ちよくさせて射精のお手伝いをしてあげるお店」です。
例えば、デリヘルやヘルス。
あるいは、ソープランドやちょんの間などがあるでしょう。
また、オナクラなどの「男性の自慰行為をお手伝いするだけ」の、ソフトな風俗店もあります。

そんな、性風俗店の中でも、業界で一番すごいのは「ソープランド」です。
別名を「特殊浴場」とも言いますが、つまるところ、「お客様とエッチなお風呂に入る」というような、流れのお店になります。
そして、これらの性風俗店の多くは「歩合制」で、貰える給料が決まっています。
というと、「あなたが何人のお客様とプレイをしたのか?」
「どんなオプションを付けて貰ったのか?」などで、沢山の給料を貰えるのか、はたまた、ゼロで終わってしまうのかが決まるのです。
となってきますと、「全くお客様を呼べなければ」あなたの1日の売上はゼロになります。

お客様を呼ぶ方法には沢山のやり方があるでしょう。
近年では、インターネットの普及でSNSなどの「個人的メディア」で、自分を売り込んでいる風俗嬢も多くいます。
また、あなたのルックスが素晴らしければ、お客様同士の口コミでどんどん広がっていくこともあるでしょう。
あるいは、あなたが、自分の知り合いに声を掛けて、お店に来てもらうという方法もあるかもしれません。

いずれにせよ、もしあなたが、ソープランドで働いて多くの給料を貰おうと考えるのであれば、何らかの方法で「沢山のお客様」を呼べなければいけません。
ただ、入店してからすぐに多くのお客様を呼べるのかどうかは、正直なところ、「かなり不安定な状態」だとも言えるでしょう。
そういうわけで、多くの風俗店には「最低保証制度」というものが存在します。
最低保証制度の話をする前に「ソープではお客様を呼ぶために」大切なことがあるので、次項では、そのことを書いていきましょう。

ソープでお客様を呼ぶには体験入店時が大切

実は、ソープでは、初めから最低保証制度を狙って入店しても上手くはいきません。
というのも、最低保証制度を利用しないとお客様が来てくれないような魅力であれば、正直長続きはしないからです。
では、あなたがソープで働いて、お客様を多く呼ぶために大切なこととは、何でしょうか?

それは、「体験入店時にどれだけ、お客様に気に入って頂けるか?」ということです。
多くのお客様は「普段とは違う女の子」を好みます。
よって、あなたが体験入店としてソープに入った場合、かなりの確率で、お客様が来てくださるでしょう。

もちろん、お店自体に人気がなければお客様は来られませんが、有名なソープ街で働いていた場合は、そんなことはあまりあり得ません。
ただ、この体験入店時の「ビギナーズラック」の期間に、どれだけ丁寧なサービスを提供し、お金持ちのお客様に気に入って頂けるのか?
が、今後ソープ嬢として働く上では、かなり大切なことになるのです。
しかも、もしあなたが体験入店時にお客様からの評判も良くければ、万が一「全くお客様が来ない状態」になっても、お店側は、あなたのことを評価してくれて、「最低保証金」を払ってくれることでしょう。

つまりは、「君は魅力的でよく頑張るから、もっとうちの店にいて欲しいなー。」という、店側からのスカウト金のようなものです。
あなたが、「どれだけお客様を呼べるのか?」が、全てあなた自身の評価に直結します。

というわけで、ソープ店に入って、一番最初にあなたが気を付けるべき期間は「体験入店の期間」です。
その、期間に必死になって頑張れば、間違いなくあなたの評価は上がって来るでしょう。

ソープでは最低保証金を貰えるのか?

では、話を「最低保証金」の話に戻していきます。

ぶっちゃけ、ソープでは本当に最低保証金が貰えるのでしょうか?
それは、「イエス」です。
殆どのソープでは、「最低保証金制度」を設けています。
詳しくは、「ソープランドの求人」をよく見てみましょう。

ホームページ自体に「最低保証金〇〇万円」などと、書かれているはずです。
では、もうちょっと、その最低保証金について、掘り下げて見ていくとしましょう。

最低保証金ってどんなもの?

最低保証金というのは、簡単に言うとどんなものなのでしょうか?

前述しましたように「魅力的な女の子を引き留めるためのお金」でもありますが、「もっと頑張ってもらうためのエサ」のような物だとも言えます。
お店側としては、「なるべく経験値が高く、レベルの高いソープ嬢」に働いてもらいたいですよね?
そうした時に、女の子に「なるべく長く勤めてもらいたい」と考えるでしょう。
もちろん、他の競合ソープ店でも、同じように「最低保証制度」を設けて、女の子を奪い取ろうと必死になります。

他の競合に「自店の魅力的な女の子を奪われないように囲い込むお金」、それが最低保証金なのです。
だから、人気なソープ店に面接に行って、あなたが採用になれば、殆どの確率で、最低保証金をゲットすることが出来ます。
では、最低保証金を貰う為には、どんな方法が有効なのか?
そのことを次項以降で、まとめていきたいと思います。

最低保証金を貰う為の条件があるのか?

最低保証金を貰おうとすると、殆どのソープ店では「条件」があります。
つまり、全くの無条件では「お金を貰う事」は出来ないという訳です。
それは、当然の話ですよね?

前述しましたように、最低保証制度は「魅力的で頑張る嬢」を囲い込むために、お店側が無理をして支払っているお金になります。
無条件で、「魅力的でもない嬢」にまで、最低保証をしていたのでは、ただの「無駄金」になってしまうのです。
それでは、一体、「ソープ店で最低保証金を貰う為」には、どういった条件があるのでしょうか?

ルックスが飛び抜けて綺麗

まずは、「まるでモデルの様なルックス」の美女には、かなりの確率で最低保証金を払ってくれます。
しかも、ひょっとすると、他の女の子よりも、「多い金額」を貰えているかもしれません。
というのも、飛び切りの美女は競合のお店に取られてしまう可能性があるのです。
他店舗に「魅力的な女性」を取られない為には、他のお店よりも好条件の「最低保証金」を払い続ける必要が出てきます。

あなたが、「モデル並みに綺麗なルックス」であれば、ほぼ間違いなく「最低保証金」を得ることが可能です。

ホームページに顔出しで掲載してくれる

続いての多くの条件は、「ホームページに顔出しで掲載させてくれること」です。
風俗店で働く女性の多くは「知人にだけは絶対にバレたくない」という想いで、働きに来ています。

そのため、殆どの女性は「顔出しNG」や「顔の殆どの部分をモザイクで隠す」というようなことを、お店側にお願いするのです。
でも、本当に「最低保証金」を貰いたいのであれば、あなたは「なるべく多くの部分を顔出し」するべきでしょう。
実は、ホームページに掲載する女の子中で、当たり前の話ですが、「どんな顔の女の子なのか?」がわかった方が、お客様からの指名が多いからです。

お客様からの問い合わせが多いという事は、「あなたが多くのお客様を呼べている」という事に繋がります。
ホームページで、顔出しが出来るというのは、「最低保証金を貰う」上では、かなり有利な物になるでしょう。
さらには、「顔出ししている嬢が多いお店のホームページ」は、お客様からも人気が高く、お店自体の宣伝効果にも寄与できるという訳です。
最低保証制度を利用したければ、「顔出ししてもOK」の状態でお店に勤めることがいいでしょう。

お店にいる「待機時間が非常に長い」

そして、次にあげられる「最低保証金が貰える条件」には、「お店での待機時間が長い事」があります。
「ソープに入店したけれど、毎日3時間しか待機してくれない」。
という女の子と、「お店では8時間以上はお客様の事を待っています」

という、女のこでは、どちらの嬢が多くのお客様を呼ぶことが出来るでしょうか?
それは、断然後者ですね。
「なるべく長い時間お店に出勤して、多くのお客様に対応できる嬢」というのは、お店にとって非常に武器になります。
せっかくお客様が来られたのに、女の子不足で接客することが出来なければ、お店にとっては大損害になります。

というわけで、最低保証金をお店からもらいたいのであれば、「お店での待機時間を長くすること」は必須条件になるでしょう。
おそらく、多くのソープ店では6時間から8時間程度の待機時間が必要になる場合が殆どですね。

体験入店でお客さまに非常に評判がいい

そして、最後の最低保証金を得るための条件ですが、「体験入店時に真面目に頑張るかどうか?」というところです。
体験入店時には「お客様がなかなか来ない」という日も、もちろんあります。
そうした時に、「最低保証制度」が生きてくるのですが、困ったことに「最低保証金が欲しいからただ出勤しているだけ」という嬢も、中には多くいるのです。
つまり、接客もサービスも適当で、お店の意図する仕事をきちんとこなさない嬢です。

こういった嬢に最低保証金を払い続けていては、お店としても大損害になります。
ただ、逆に体験入店時に「必死になって真面目に頑張る嬢」であれば、お客様からの評価も上がり、もしもの時の「最低保証金」も貰いやすくなるでしょう。
というように、最低保証金を貰う為には「いくつかの条件」が、決められていることが殆どになります。

最低保証金を貰いやすいソープはどんなお店なのか?

では、最低保証金が貰いやすいソープランドとは、一体どんなお店が多いのでしょうか?
それは「大手の風俗グループのお店」が、一番「最低保証制度」を完備している場合があると言えます。
大手の風俗グループは、嬢の為の寮を完備したり、嬢の為の社会保障などを充実させているお店が殆どです。
例えば、トュルースグループや、角海老グループなどは、大手の風俗グループになるでしょう。

大手の風俗グループは「嬢の事を大切に扱おう」という、社風がある場合がほとんどで、あなたに「何としてもいてもらいたい」とお金を払ってくれやすいと言えます。
もちろん、色々な条件をクリアしていればの話にはなりますが、、。

体験入店時でも最低保証金は貰えるのか?

ソープでの体験入店時にも最低保証金は貰えるのか?

ということですが、これは、間違いなく貰えることが殆どです。
最低保証制度とは、「あなたがソープ店に入店した時の不安定な時期を乗り切るため」の制度です。
「体験入店として入店したけれど、昨日は5万円稼げたけれど、今日はゼロだった」なんてことを、防ぐためにある、制度と言えます。
つまり、体験入店の際にも、お店のルールやマナーをきちんと守り、お客様に誠心誠意丁寧なサービスを提供し続けて、お店の出す条件さえ守ることが出来れば、最低保証制度でお金を貰うことは、可能になります。

体験入店時の不安定な収入の時期は、上手く最低保証制度を活用して乗り切っていくべきでしょう。

ソープでは最低保証がしっかりしているお店を選びましょう。

というわけで、ソープランドで働く上での「最低保証制度」の話を、まとめて書いてきました。
ソープランドで働く際には「最低保証制度」の有無はかなり大切です。

求人票を見れば、一目で「最低保証制度の有無」は確認することが出来ます。
または、面接に行った際にも、「どんな条件を満たせば」最低保証制度を利用することが出来るのか?
をきちんと聞いておく必要があるでしょう。
ソープランドでは、「頑張れば頑張った分稼げる」し、「頑張った分は最低保証金」で補ってくれたりもするのです。

非常に女の子にとって、やりがいのある仕事になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました